セットバックを逃れても誰も得しません。暮らしやすい街並みをつくろう[建築基準法第42条第2項関係]

建築士をしていると、ごくたまに遭遇する質問があります。

それは、セットバックしなくても済む方法はないかと言う質問です。

はっきり言って、何故、その思考に陥るのか全く持って理解できません。
と言うか理解したくありません。笑

挨拶が遅れました!建築士のやまけんです。^ ^

今回は、建築基準法第42条第2項道路に関して、よくある相談事例から、建築主の方々には絶対にやらないで欲しいと思うことを記事してみました。




セットバック逃れの事例

そもそもの法律である建築基準法第42条第2項道路について知りたい方はこちらの記事を読んで理解してからみてくださいね。

関連記事いわゆる2項道路(建築基準法第42条第2項道路)とは?(セットバックの方法)

建築基準法では、基本的な考え方として、建築物を建築する敷地は、4m以上の道路に2m以上接する必要があります。

ただし、昔からの市街地では4m未満の道路も多く存在するため、そういった道路沿いに建築されている敷地を救済する観点から、4m未満でも建築基準法上の道路に指定して、建築物の建替えなどの際に、道路中心線から2m(または3m)後退(セットバック)して、段階的に4mを形成しても良いよという緩和規定が設けられています。それが、建築基準法第42条第2項道路といいます。いわゆる2項道路です。

4m未満の道路でも、将来的には4m以上の道路にすることで、緊急車両の通行等を確保しようとするものでありますが、問題点として、道路沿線で建替等が進まないと、道路境界線に沿って築造された塀の解体が進まないため、いつまで経っても4mが確保されない42条第2項道路も多く存在します。

ここまで読めば、多くの方が、建築するときには当然に後退(セットバック)するのが常識だと思いますよね。
しかしながら、やはり多種多様な考えを持った人がいるので、中には、後退(セットバック)したくないと考える人がいるんですよ。自分させ良ければいいと言う考えですね。
下の図を見てください。

敷地①の方は、敷地東側に接する道路が建築基準法第42条第2項道路(幅員3m)に指定されているため、東側の道路の中心線から2m敷地側に後退した線が道路後退線となります。
つまり、敷地①で建築する際には、敷地①東側に設けられているブロック塀を撤去する必要があります。

しかし、セットバックしたくないからと、赤枠で囲った敷地で建築確認申請を行うとする方がいるんです。
そうすると、ほぼ100%の確率で何十年間は道路が広がることはないんですよ。
もしかしたら100年以上道路は4m未満となる可能性もあります。

敷地②の方には、道路が広がらない分、迷惑かかりますし、敷地②は進入通路が狭隘なため、土地の価値がいつまで経っても上がりません。

そもそも、この様な(赤枠)形で建築確認申請を出すことはできるのか

◆ 敷地①を分筆する。
◆ 敷地①を分筆せず分割する。

①も②も建築基準法では制限する規定はありません。
そのため、自治体の裁量に任せている状態です。

ですので、先ほどの図の様な敷地で、建築確認申請を提出することが可能となっているケースがあります。

グレーな方法で何が得なのか

得なのは、敷地①の所有者ですよね。
単純に、ブロック塀を撤去する必要がないし、道路部分として自分の敷地が取れられることがない。

ですが、将来的にみてはどうかという視点も必要です。

というのは、この建築基準法第42条第2項道路は、道幅が狭いですよね。
旧城下町などで、江戸時代から小路があり、その小路がエリアの街並みを形成している場合には別とし、狭い道路は、誰も得をしないですよね。

それに、そもそも考えてみてください。
こういったグレー的な方法で建築した方を周囲はどの様な眼差しを向けるかは明白ですよね。

もしかしたら、これから到来する人口減少社会でも、一人一人が建築基準法を守ることで、結果的にエリア全体の街並みを改善して、不動産価値を維持することだって可能かもしれませんよね。

結局のところ、協力してあげましょうということです。
先祖代々の土地だとしてもですよ。

少しくらいの敷地面積、地域にために利用されるなら本望じゃないですか。

地域のためと思って、そこに心の豊かさが増すことを願って、協力してあげましょ。

おわりに

今回は、セットバックの流れについて事例をもとに解説してきました。
いかがでしたでしょうか。

法律で決められているとはいえ、やっぱり、セットバックしたくないと考える方も中にはいるでしょう。
または、求められる以上にセットバックして道路として地域のため提供してあげようなんて考える方もいますよね。

こういった事例は、どこにでもあることですので、街中を注視してみると気づくことができますよ。

建築主さんは、今回解説した内容を理解した上で建築しましょう。
特に建築という行為は、自己満足で行うものではなくて、一定の社会的責任が伴うという点をちゃんと認識しておく必要があると思います。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。