PR

コンパクトシティ(立地適正化計画)

コンパクトシティ(立地適正化計画)

長崎県諫早市の大規模開発から学ぶ都市計画法の課題と地方都市の持続可能な発展

地方都市の発展と活性化には効果的な都市計画が欠かせません。今回の記事では、最近ニュースとなった長崎県諫早市(人口:約13万人)の市街化調整区域での大規模開発を題材に、都市計画法の現行の課題について考察します。 地方都市の...

コンパクトシティ(立地適正化計画)

【人口減少市町村:居住誘導区域から除外される地域】居住誘導区域に含めることが出来ない(望ましくない)地域は住宅地としても将来性が低い。

人口が減少している都市を前提として、土地の将来性を一定程度担保していく「居住誘導区域」に含めることが出来ない地域というテーマで説明していきます。 居住誘導区域の指定は行政が行いますが、建築士や宅建士、不動産屋の方であって...

コンパクトシティ(立地適正化計画)

まちづくりにどう影響?【電動キックボード規制緩和】法律の概要と施行日などを分かりやすく解説(5年以内に市街地の移動のあり方が変わる!)

いつもYamakenBlogをご覧いただきありがとうございます。 この記事では、先日(令和4年3月4日)閣議決定され、令和4年通常国会に提出された「電動キックボードの制度緩和」に関して解説しています。今後のまちづくりに良...

コンパクトシティ(立地適正化計画)

【コラム】自家用車を持っていなくても生活が出来る都市が求められる時代が来る話。

この記事は、建築と都市計画、都市交通に精通し、将来滅びゆく都市を多く目の当たりにしてきた”やまけんさん”が、このままじゃ地方都市ヤバみでしょという視点で、テキトーに書いています。 一部、読み難い部分があると思いますのでご...

コンパクトシティ(立地適正化計画)

【重説と都市再生法】重要事項説明において説明しなければならない内容を分かりやすく解説[売買編]。

この記事では、土地建物の取引(売買等)において必ず実施しなければならない重要事項説明(宅建業法)のうち「都市再生特別措置法」の内容を分かりやすく解説しています。 解説の前に簡単な自己紹介です! YamakenBlogは、...