1畳(帖)とは何㎡(平方メートル:平米)?

賃貸住宅選びや住宅建築で悩むのが、畳(帖)・坪・㎡の関係です。

建築関係の方であれば当然分かりますが、一般的には建築の知識がない場合、理解は難しいと思います。
ということで今回は簡単な早見表を作りましたので、賃貸住宅選びや住宅建築にご活用ください。

こんにちは!!建築士のYAMAKEN(やまけん)です。

はじめに「畳」についての解説です。




1畳(帖)とは

1畳≒1.62㎡以上

なお、地域によって畳の大きさは異なりますが、基本的には、0.91m(横)*1.82m(縦)≒1.65㎡と覚えておけば、部屋のサイズを確認する分には十分な知識となります。

なお、畳が2枚になると1坪になります。つまり≒3.3㎡となります。

1坪とは

先に答えを言ってしまいましが、

1坪=2畳(帖)≒3.3㎡となります。

よく6畳(帖)部屋なんて言いますが、6畳(帖)は約10㎡となります。
(1畳(帖)=1.65㎡*6畳=9.9㎡≒10㎡)

平方メートルと平米は同じ意味?

㎡=平方メートル=平米 はずべて同じ意味となります。
小学生の頃に「平方メートル」と勉強したと思いますが、不動産や建築業界では、平方メートルとは使わずに「へいべい」と読んでいます。

早見表

畳(帖) 平方m
0.5 1.65㎡(*不動産取引は1.62㎡以上で規定)
1.0 3.31㎡
1.5 4.96㎡
2.0 6.61㎡
2.5 8.26㎡
3.0 9.92㎡
3.5 11.57㎡

*畳と坪と㎡の関係

補足

賃貸物件などで、部屋の専有面積と表記されているケースでは、壁芯間の距離から面積を算出しているため、壁が厚ければ厚いほど、専有面積は小さくなることなります。
壁厚は物件ごとの構造(木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造等の別)によって、異なるので注意が必要となります。

今回は簡単ですが以上となります。
それでは、また〜