出世したい?なら”身だしなみ”には気を付けた方が良い

・俺(私)は仕事できるのに何で出世できないの?
・仕事できるのに周りからの評価が低いけど何で?

こんにちは!やまけん(@yama_architect)です。

 

今回の記事では、上記の悩みを解決していこうと思います。

私自身、国を辞めるまで多くの人と仕事をしてきました。

多分、1000人は超えていないと思いますが、何かしら会話をしてきたと思います。

国の組織って強大ですよね。働いている人数も多く、国家公務員は58万人もいます。
しかも、国は1年から2年程度で転勤するため、一度一緒に仕事をしたことがある人と次に出会うのは10年後とか普通にあります。

そのため、二度と会わない人も多く、付き合いもドライになりがちです。

今回は、そんな話ではなく、多くの人と仕事してきたからこそ、仕事ができる人とそうでない人の特徴みたいなものが分かりましたので、そんな内容をお伝えしていこうと思います。




出世の条件は、身だしなみが綺麗

最終的にはこの『身だしなみ』に落ち着きます。

どんなに仕事をそつなくこなし、戦略的にモノを考える力があっても、身だしなみが汚い人には、仕事をお願いしたいとは思いません

人は、無意識のうちに『襟はし』、『靴先』、『かかとのすり減り具合』、『ベルトのたるみ』など、本当に細かくチェックします。そのチェックによる点数があなたの点数といっていい。

その無意識に付けられた点数は、あなたが成果を出してもずーっとついてくる。

100点の成果を出しても、これに乗ずる魅力が1を下回れば100点未満になる。

点数が低いほど、出世はしない。
外部と接触しない職場には当てはまらないけど、外部との付き合いが多い職場なら間違いなく出世しない。

というか出世させない。

何故なら会社の顔として外部とやりとりする人の身だしなみが汚い場合、その会社は信頼できないからです。

汚い=仕事も雑

実際にあなたそうではなくても、そのように認識されます。

会社の教育として、そういった人材を置くような会社だと思えば、分かりますかね。雑な仕事しかしない会社だと思われます。

重要なのは、体型や顔ではなく、『身だしなみ』です。

これは、不公平感なく誰もができることです。だからこそ差がつきます。

残念なことに、公務員という内部ばかりの付き合いが多い職場だと、これがあまり当てはまらない可能性が高いですね。

私が見てきた限り、身だしなみが汚い人でも出世している人はいますね。
その場合、ゴマスリ野郎か本当に仕事ができる人です。

仕事ができる人の場合、結婚する事で身だしなみが格段に向上する場合があるので、改善の予知がありますが、そうではない、ゴマスリ野郎や外部からの圧力を使う人は、どうしようもないです。

無価値ですね。
会社であれば、そういった人材は速攻でクビにした方が良いです。

売り上げが伸びない理由を探して、探した先に、こうした人材がいる可能性もありますよ。本当に注意しましょう。

身だしなみを改善するポイント

最も効果を発揮するのは、パートナーの存在です。

または、子供や親。

普段から汚い印象を受けないかチェックしてもらいましょう。

特に注意するべきポイントは、摩耗していないかです。

どんなにメンテナンスしても磨耗していては印象を悪くします。
特に靴の場合、メンテナンスしても靴底は定期的に交換しないとなりませんから、そういったポイントに気を付けると良いと思われます。

その他にも襟はしのすり減り具合など・・・注意すべき点は多くあります。

これを改善するだけ、十分にあなたの価値は向上します。

更に上を目指すなら、美容に力を入れます。

美容による改善効果は、見た目の印象をよくします。

女性の場合は問題ないですが、男性の場合は、美容に力は入れないですよね。

彼女や奥さんがいる場合は、使わせてもらえればいいんでしょうけど、そうではない場合、難しいと思います。

その際には、コスパの良い商品をまずは使ってみることです。
美容といっても、食生活の改善から肌質の改善まで多くあります。

食生活に問題がなく、運動もちゃんとしている方はあまりいないと思います。
まずは、食生活を改善(野菜とタンパク質中心)しましょう。

最後に

あと、伝え忘れた事として、上記に誠実さが加わると間違いなく出世しますね。

とても抽象的で曖昧ですよね。

本当の誠実さは見せかけの優しさでもなく偽善でもない、仕事で何か一つ成し遂げてみせようとする心かもしれないなと思います。

昔、この仕事がうまくいけば住民の生活が少しでも改善するかもしれないと思い一所懸命仕事をしている先輩がいました。

やっぱりそういった思いで仕事をしている姿は誠実な感じを受けますよね。

最後に・・・

別に出世しなくても自分が満足いく人生を送ることができれば、いいんじゃないかなと思います。
だけど、身だしなみだけはどんな業界で生きようと重要ですよ。

という事で今回は以上です。
最後までご覧いただきありがとうございました。