3DCG最新技術の情報を知る。

今回の建築知識はめちゃくちゃワクワクしましたね。

建築知識に『えんとつ町のプペル』が登場するとは思わなかったのです!!知らない方もいるかもしれませんが、キングコングの西野さんの作品で、絵本業界ではかなり有名です。

まさか登場するとは思ってもいなかったのでかなり驚き!

前回の背景イラスト特集のときも、めっちゃ勉強になりましたけど、ちょっと上から目線になってしまいますが、今回は更に上をいッたなと私的には思います!!

雑誌に掲載されているCG技術関係にすごく興味を惹かれました・・・胸に『ドキュン』って感じです。

建築士やインテリアコーディネーター向けとはなっていますが、3DCG関係を仕事にしている方やこれからそうした業界に転職しようとしている方には、おすすめだなと思いました。

その名のとおりなのですが、3DCG最新技術が掲載されています。

建築設計においてはJWCAD+建築模型を用いるの通常ですが、この作業と言うのは何10年も変わっていないかなと。

しかし!この常識を疑って、3DCGの技法等をうまく利用すれば、建築模型をつくる必要もないし、建築模型よりもイメージしやすくなるんじゃないかなと思うところ。

なお、単純な3DCGではなく、現実との大差が無い(若しくは現実よりも良く見える) CG等による表現は必ず今後の建築業界を変えていくのではないかと思います。

ということで以上です。参考になれば幸いです。

created by Rinker
エクスナレッジ
¥1,500 (2024/02/26 20:15:58時点 Amazon調べ-詳細)






お役に立てたらシェアしていただけますと嬉しいです!
ABOUT US
アバター画像
YamaKen都市計画(まちづくり)を通じて都市を美しくしたい人
【資格】1級建築士、建築基準適合判定資格者、宅建士など 【実績・現在】元役人:建築・都市計画・公共交通行政などを10年以上経験 / 現在は、まちづくり会社を運営:建築法規・都市計画コンサル,事業所の立地検討,住宅設計など