Lindt(リンツ)チョコレートのカカオ100%のレビュー

どうも。やまけんです^ ^
リンツのダークチョコレートほぼ毎日食べているのですが、いつの間にかカカオ100%が発売されていたんですね〜全くわかりませんでした。

これまではカカオ99%との違いは?と言われると正直、不明・・・ですが、「美味しいダークチョコを食べたい」という方にはおすすめです。程よい苦味がコーヒーとの相性がいいです。

ただ、カカオ90%も99%ちょっとお高いんです。

created by Rinker
Lindt(リンツ)
¥864 (2021/06/23 05:24:44時点 Amazon調べ-詳細)

成分表はこんな感じです。なお、カカオポリフェノールの含有量については明記されていません。

エネルギー618kcal
脂質(うち飽和脂肪酸)55g(8.8g)
炭水化物(うち糖質)8.8g(1.2g)
タンパク質12.1g
食塩相当量0.05g
100gあたりの栄養成分表示(海外での成分表示)*製品は50g

明治さんで販売されている「チョコレート効果カカオ95%」では、1箱60g(1箱12個入り)に1,700mgのかカオポリフェノールが含有していると表示しているので、仮にリンツと性能が同様であれば明らかに明治さんの方がコストが低いのでコスパいいです。

とはいえ、食べたことがある人は分かると思いますが、明治さんのカカオ95%はめちゃめちゃ苦いです。リンツのチョコと比べると差がありすぎ(明治さん本当のことなのですみません。)。

リンツさんの90%以上も苦味は程よくありますので、少しでも苦味は苦手という方にはおすすめはできません。

補足:1日のかカオポリフェノール摂取量

ちなみに1日にどのくらいの量を摂取すればいいの?という疑問が生じると思います。

日本チョコレート・ココア協会さんが、「カカオポリフェノール」は1日にどれくらい摂れば、健康によいのですか? という質問に対して、ホームページでは次のように書いてあります。

カカオポリフェノールに生活習慣病の改善などの健康効果があることは認められていますが、健常人のカカオポリフェノール摂取量の推奨量は決めかねます。しかし、最近になって600mg程度のカカオポリフェノール(日本の公定法)を摂取した試験で血圧に良い結果が出たとの報告があります(大澤俊彦 第20回チョコレート・ココア国際栄養シンポジウム2015年)。これまでの知見を参考にしてください。

出典:日本チョコレート・ココア協会http://www.chocolate-cocoa.com/lecture/q6/index.html

関連記事

✔️ 美味しいダークチョコ(健康志向の方は必見)






お役に立てたらシェアしてね!!