【GPT-4作成】AIドリブン・アーバニズム:日本の建築基準法・都市計画法を変革する未来志向のまちづくり




目次

はじめに:チャットGPTにビジネス書を書いてもらった諸条件

GPTさんにAI建築士・都市計画家になりきってもらい、「AIドリブン・アーバニズム:日本の建築基準法・都市計画法を変革する未来志向のまちづくり」というタイトル(GPTがタイトルを検討)で短文のビジネス書をつくってもらいました。

文字数としては合計で約2万文字。

作成時間としては、GTP-4に利用制限回数があるため1日程度かかりましたが。GPT-4による実際の出力時間は1時間程度です。

なお、チャットGPT-4のデータは2021年9月までの情報なので現在の社会情勢は把握してきれていないです(そのうち、リアルタイム学習機能になりそうな予感)また、最新バージョンの4は、3.5とは比べものにならないほど優秀ではあっても、ほんのわずかではありますが幻覚性があったりします。

そのことを踏まえてもGPTは優秀過ぎるのでもはやコンサルの大半は不要では?と思ってします。

では、少し前置きが長くなってしまいましたが、ここからAIにお願いした文章作成のプロセスの紹介です。

GPT-4にビジネス書作成依頼フロー

❶ 日本における建築基準法、都市計画法、まちづくり及びAIをテーマとしたビジネス書のタイトルを5つ考え、コメントを付けて100点満点で評価をお願いします。

このプロンプトでお願いすると、次のように回答してくれます。

  1. 「AIと日本の都市計画:次世代のまちづくりへの挑戦」 この本では、AIを活用した都市計画と建築基準法の最新動向を解説し、効率的で持続可能な未来のまちづくりのビジョンを提案します。また、日本の都市環境におけるAIの可能性と課題についても詳しく解説しています。 評価:90点
  2. 「建築基準法とAIの融合:スマートビルディングの未来」 この本では、建築基準法に準拠しながらAIを活用したスマートビルディングの設計や運用方法を解説し、建築業界の新たな可能性を提示します。また、実際の事例を通じて成功事例や課題を紹介しています。 評価:85点
  3. 「AIが支える都市計画法:データ駆動型まちづくりの展開」 本書では、AIを用いたデータ分析と都市計画法の組み合わせによる、効率的かつ環境に配慮したまちづくりの実践事例を紹介します。また、データ駆動型都市計画の将来展望や課題についても詳しく議論しています。 評価:80点
  4. 「AI時代のまちづくり戦略:地域活性化への道」 この本では、AI技術を活用して地域の課題を解決し、活性化を図る方法を提案します。また、地域資源の活用やコミュニティづくりにおいて、AIがどのように役立つかについて具体的な事例を交えて説明しています。 評価:75点
  5. 「スマートシティへの進化:AIと日本のまちづくり」 本書では、国内外のスマートシティの事例を紹介しながら、AIを活用した都市開発の最先端技術やアプローチを解説します。また、日本独自の都市計画法や建築基準法がどのように適用されるかについても詳細に触れています。 評価:70点

全体的に、これらのビジネス書は日本の建築基準法や都市計画法とAIを組み合わせたまちづくりに焦点を当てており、多くの読者にとって有益な知識や示唆を提供しています。

しかし、それぞれの本の評価は、取り扱っているテーマや事例、及び実用性や独自性によって異なります。

特に、高評価を得た本は、具体的な事例や実践的なアプローチを提供している点が評価ポイントとなっています。

一方で、評価がやや低めの本も、他の視点や新しいアイデアを提案しており、それぞれの本を組み合わせることで、より総合的な理解を深めることができるでしょう。

個人的には❶と❹のタイトルが気になったのですが、みなさんはいかがでしょう?
※今回はタイトルをさらにブラッシュアップしてもらった関係上、評価の高いタイトルに近いもので文章を作成していますが、今後、読者のみなさまからオーダーがあれば異なるタイトルでの文章作成もお願いしてみたいと思います。

❷ この評価の基準を示してください。また、この評価に対して100点が取れるタイトルの例を挙げてください。

評価基準は以下のようになります。

  1. 内容の充実度:本の中で取り扱われているテーマや事例が網羅的で、読者に有益な情報が豊富に提供されているか。
  2. 実用性:本の内容が現実の問題や課題に対して具体的な解決策やアプローチを提供しているか。
  3. 独自性:他の本と比較して、独自の視点やアイデアが提案されているか。
  4. わかりやすさ:本の構成や文章が読者にとって理解しやすいか。
  5. 影響力:本が業界や社会に与える影響や刺激が大きいと考えられるか。

100点が取れるタイトルの例:

「AI革命のまちづくり:日本の建築基準法・都市計画法を超える未来都市への道」

このタイトルは、AIを活用したまちづくりに焦点を当て、日本の建築基準法や都市計画法を超える未来都市のビジョンを提示します。

本の中では、具体的な事例や実践的なアプローチが豊富に提供され、独自の視点やアイデアが紹介されています。

また、本の構成や文章がわかりやすく、業界や社会に与える影響や刺激が大きいと期待されるため、評価基準において100点が与えられます。

ここでタイトルは決まったのですが、まだ少しだけ改良の余地があるので、読者の目を低くことと、独創性等を加えて検討してもらいます。これを3回繰り返してより洗練してもらいます。

❸ 1 タイトルは「AI革命のまちづくり:日本の建築基準法・都市計画法を超える未来都市への道」です。 2 これより読者の目を引く、独創性と革新性の高いタイトルを考えて、上書きしてください。 3 2を3回繰り返す。

  1. 「AIドリブン・アーバニズム:日本の建築基準法・都市計画法を変革する未来志向のまちづくり」
  2. 「シンク・ビッグ、ビルド・スマート:AIと日本の建築基準法・都市計画法が創り出す次世代まちづくりの革新」
  3. 「AIエンパワード・シティ:日本の建築基準法・都市計画法を超越した持続可能な未来都市のデザイン」
  4. 「都市のリブート:AI技術が変革する日本の建築基準法・都市計画法によるスマートかつ環境に優しいまちづくり」

独創性という言葉や革新性というプロンプトが、ドリブンやエンパワードなどの言葉を導きだしたのがと思います。今回は、このうち、❶のタイトル(「AIドリブン・アーバニズム:日本の建築基準法・都市計画法を変革する未来志向のまちづくり」)で文書作成をお願いしました。

❹ 評価の高かったタイトル「AIドリブン・アーバニズム:日本の建築基準法・都市計画法を変革する未来志向のまちづくり」とする3章構成のビジネス書のアウトラインをご提案いただけますか?

第1章:AI技術と都市開発の融合
1.1 AI技術の進化と都市開発への影響
1.2 AIを活用した最先端の都市計画事例
1.3 AI技術を活用することで解決できる都市開発の課題
1.4 AIと都市開発におけるデータ収集と分析の重要性

第2章:日本の建築基準法・都市計画法とAIのインパクト
2.1 日本の建築基準法・都市計画法の現状と課題
2.2 AI技術がもたらす建築基準法・都市計画法への変革
2.3 AIによる効率的な法規制の遵守と適用
2.4 AIを活用した持続可能で環境に優しいまちづくりの事例

第3章:未来志向のAIドリブン・アーバニズムの実現
3.1 AI技術を活用した都市計画の最先端アプローチ
3.2 日本の都市開発におけるAIの活用可能性と課題
3.3 コミュニティとの連携:AI技術を活用した地域活性化戦略
3.4 未来都市のビジョン:AIドリブン・アーバニズムの展望と挑戦

このアウトラインでは、第1章ではAI技術と都市開発の融合について概観し、第2章では日本の建築基準法・都市計画法とAIのインパクトに焦点を当てています。最後に、第3章では未来志向のAIドリブン・アーバニズムの実現について具体的な事例やアプローチを紹介しながら、展望と挑戦を議論します。

このアウトラインを作成してもらうにあたり大事なのは、丁寧な言葉でお願いすること。他のサイトで検証が行われいるのですが、命令する場合と丁寧が言葉でお願いする場合とでは回答が異なるらしいのです。
※次項からの本書では、これに序章と終章を加えています。

また、挿入しているイメージ図は、次のようにお願いしてプロンプトを書いてもらい、出力されたプロンプトをもとに、Stable Diffusionで画像を生成しています。

ビジネス書に挿入するイメージ図作成のための各プロンプトを提供願います。
・画像生成AIはStable Diffusionを使い、このAIでは表示したいプロンプト(ポジティブプロンプトという)と表示したくないプロンプト(ネガティブプロンプト)を入力することでより洗練された画像を生成することができます。
・イメージ図は、タイトル、各章及び各節のはじまりに挿入します。
・プロンプトは、写真イラストどちらでも構いません。
・プロンプトの作成にあたっては、プロのフォトグラファ-兼CG作家になりきるとともに、読者が文章から未来展望や課題をイメージしやすいように心掛けてください。

それでは、チャットGPTが書いたビジネス書を読んでみてくださいませ。
(私自身による修正等は行っていませんのでGPTが吐き出した生データです。)

AIドリブン・アーバニズム:日本の建築基準法・都市計画法を変革する未来志向のまちづくり

要約

まるでSF小説のような未来都市が、いま目の前に現れようとしています。この物語の主人公はAI技術、舞台は都市計画と建築業界、そしてその脚本家はあなたです。本書「AIドリブン・アーバニズム:日本の建築基準法・都市計画法を変革する未来志向のまちづくり」は、あなたが未来都市の物語を創り上げるための秘密の手引書です。

第1章では、技術革新の波が都市計画と建築業界を包み込んでいく様子を描きます。まるで新しい世界への入り口を開くかのように、AI技術が都市開発の課題を解決し、データ収集と分析の可能性を広げていきます。第2章では、日本の建築基準法・都市計画法が新たな局面に立ち向かう勇姿を描き出し、AI技術の力で変革の扉を開けます。さらに、AIが法規制の遵守と適用を効率化し、環境に優しいまちづくりの新たな物語が紡がれます。

最後に、第3章では未来志向のAIドリブン・アーバニズムの実現へ向けた冒険が始まります。最先端アプローチやデータドリブンなまちづくりの冒険者たち、地域活性化戦略の勇者たちが、未来都市のビジョンを追い求めながら物語を紡ぎます。

「AIドリブン・アーバニズム:日本の建築基準法・都市計画法を変革する未来志向のまちづくり」は、まるで小説のような語り口で読者を引き込み、未来の都市開発におけるAI技術の可能性を広げる一冊です。

序章:まちづくりとAIの出会い

都市は、人々が集まり、暮らし、働く場所です。過去数十年間で都市部人口は急速に増加し、現在では世界の人口の半数以上が都市に暮らしています。国連の予測によれば、2050年には全人口の68%が都市に住むことになるでしょう。この都市人口の増加は、まちづくりに大きな影響を与えています。

「AIと都市計画の出会いは、まちづくりの歴史に革命的な変化をもたらすだろう。」これは私、AI都市計画家が感じることであり、このビジネス書を通じて皆さんに伝えたいメッセージです。

では、具体的にどのような変化が起こっているのでしょうか?まずは、都市部人口の増加を示す表を見てみましょう。

年代都市部人口(億人)都市部人口率(%)
19500.7429.1
19701.6936.6
19902.4343.0
20103.5651.6
20305.16(予測)60.4(予測)
20506.68(予測)68.0(予測)
出典: 国連 World Urbanization Prospects

この表からわかるように、都市部人口は増加の一途を辿っています。これに伴い、まちづくりはますます重要な課題となっています。急速な都市化により、インフラの整備、住宅供給、環境問題、交通渋滞、治安の維持など、さまざまな問題が顕在化しています。

これらの問題に対処するため、都市計画や建築業界では様々なアプローチが試みられています。そして、その中で最も革新的な技術の一つが、AI(人工知能)です。

「AIはまちづくりに革新をもたらす。私たち都市計画家は、この技術を活用して、より良い都市を創り出すことができるのだ。」AI都市計画家は、そう確信しています。

では、具体的にAIはどのように都市計画に役立っているのでしょうか?AIは、都市計画のプロセスのあらゆる段階で活用されています。例えば、データ収集や分析、シミュレーション、設計、施工、運用、メンテナンスなどです。

また、AIは、持続可能性を実現するための重要なツールとなっています。気候変動や環境問題に対処するため、エネルギー効率の高い建物やインフラ、環境負荷の低い交通システム、エコシステムを保護する都市計画などが求められています。AIは、これらの目標を達成するために、データ分析や最適化、予測モデリングなどの分野で活躍しています。

さらに、AIは、コミュニティとの連携や地域活性化にも役立っています。地域住民の意見や要望を収集・分析し、それを反映したまちづくりを実現することができます。また、AIを活用した情報提供やサービスが、地域の魅力や活力を高めることにも寄与しています。

このビジネス書では、AIが都市計画や建築業界でどのように活用されているか、そして、今後の展望や課題について詳しく解説していきます。最先端の技術と都市計画の専門知識を組み合わせた、私たちAI都市計画家の視点から、未来のまちづくりの可能性を探求していきましょう。

第1章では、AI技術と都市開発の融合について深掘りします。AI技術の進化が都市開発にどのような影響を与えているのか、また、最先端の都市計画事例を紹介します。さらに、AI技術が解決できる都市開発の課題や、データ収集と分析の重要性についても触れていきます。

第2章では、日本の建築基準法・都市計画法とAIのインパクトに焦点を当てます。現状と課題を整理した上で、AI技術がもたらす法規制への変革や、効率的な法規制の遵守と適用について説明します。また、持続可能で環境に優しいまちづくりの事例も紹介していきます。

第3章では、未来志向のAIドリブン・アーバニズムの実現について探ります。最先端のアプローチや、日本の都市開発におけるAIの活用可能性と課題を検討します。さらに、AI技術を活用した地域活性化戦略や、未来都市のビジョンについても考察していきます。

まちづくりとAIの出会いは、都市計画や建築業界に新たな可能性をもたらしています。このビジネス書を通じて、AI技術を活用した革新的な都市計画の未来を一緒に見つけていきましょう。

さあ、一緒に未来のまちづくりの旅に出かけましょう。AI都市計画家が皆さんを、新しい都市の世界へとご案内します。

第1章:AI技術と都市開発の融合

遥か未来の都市が目の前に広がっている。AIの力を借りて、私たちは新たなまちづくりの扉を開くのだ。この章では、AI技術が都市開発にどのように融合するのか、未来の都市像を描きながら探求していく。

1.1 AI技術の進化と都市開発への影響

近年のAI技術の進化は、私たちの生活やビジネスに劇的な変化をもたらしています。その影響は、都市開発においても大きく現れています。本節では、AI技術の進化と都市開発への影響について詳しく見ていきましょう。

AI技術の発展により、ビッグデータ解析や機械学習、自然言語処理などが飛躍的に向上しました。これにより、都市開発の現場でもさまざまなデータを収集・解析することが可能になり、より効率的かつ効果的な都市計画が実現しています。McKinsey Global Instituteによると、スマートシティの導入により、通勤時間が15~20%短縮される可能性があるとされています。

例えば、シドニーのバス運行システムでは、AI技術を活用してリアルタイムで交通情報を収集・分析し、運行スケジュールの最適化を行っています。これにより、利用者にとって待ち時間が短縮され、効率的なバス運行が実現されています。

また、ニューヨーク市では、都市インフラの管理・保守にAI技術を活用しています。センサーを設置した橋やトンネルから収集されるデータをリアルタイムで解析し、インフラの劣化状況や修繕の必要性を把握することができます。これにより、インフラの維持管理が効率化され、より安全で快適な都市環境が実現されています。

さらに、AI技術を活用した都市計画は、都市部の人口増加に対応するための重要な手段となっています。世界銀行のデータによると、世界の都市人口率は1950年の29.1%から2018年には55.3%へと増加し、さらなる増加が予測されています。この急速な都市化に対応するために、効率的で持続可能な都市計画が求められており、AI技術がその解決策の一つとなっています。

例えば、MITの研究者らは、衛星画像を解析するAIを用いて、貧困地域の特定や都市の成長予測を行っています。これにより、都市計画者や政策立案者は、都市の将来像を把握し、適切なインフラ整備や福祉政策の策定が可能になります。

また、自動運転車の普及によって、都市交通の効率化や渋滞緩和が期待されています。自動運転車は、AI技術を用いて道路状況を把握し、適切な速度やルートを選択することで、交通事故の減少や燃料消費の削減にも貢献します。

さらに、AI技術を活用したエネルギー管理システムも、持続可能な都市開発に寄与しています。例えば、Googleのデータセンターでは、AIによる冷却システムの最適化によって、冷却にかかるエネルギー消費を40%削減しています。このような取り組みにより、都市全体のエネルギー効率が向上し、地球環境にも配慮した都市開発が可能となります。

いずれの事例も、AI技術の進化が都市開発に多大な影響を及ぼしていることを示しています。都市計画や建築業界、AIやブロックチェーンのプロとして、今後もこのような技術の発展が都市開発にどのような変革をもたらすのか、興味深く追いかけていく必要があります。さらに、これらの技術が持つ潜在的なリスクや課題にも目を向け、適切な対策やガバナンスを構築していくことが重要です。

例えば、AI技術の普及に伴い、プライバシーやセキュリティの問題が懸念されています。都市のインフラやサービスがAI技術に依存することで、サイバー攻撃の対象となるリスクが高まります。また、AIによるデータ収集や解析が、市民のプライバシー侵害につながる恐れもあります。このような課題に対処するためには、適切なセキュリティ対策やプライバシー保護のための法規制が必要となります。

加えて、AI技術の導入により、雇用の構造が変化することも予測されています。自動化やロボット化によって一部の仕事が失われる一方で、新たな技術やサービスに関連する職種が生まれるでしょう。これに伴い、労働者のスキルや能力の再編が求められ、教育や職業訓練の見直しが不可欠となります。

総じて、AI技術と都市開発の融合は、これまでにない効率的で持続可能な都市環境を実現するための大きなチャンスです。しかし、その過程で生じるリスクや課題にも目を光らせ、適切な対策を講じながら、よりよい都市の姿を追求していくことが求められます。今後の都市開発において、AI技術がどのように活用されていくのか、興味深く見守りたいところです。

1.2 AIを活用した最先端の都市計画事例

近年、AI技術は都市計画や開発においても多くの活用事例が見られます。ここでは、その中からいくつかの最先端の事例を紹介しましょう。

シンガポール:バーチャルシンガポールプロジェクト

シンガポールでは、国全体を対象にしたバーチャルシンガポールプロジェクトが進められています1。これは、現実のシンガポールをデジタルで再現した3Dモデルを用いて、都市計画やシミュレーションを行う取り組みです。AI技術を活用し、データ収集や解析を行うことで、交通、環境、人口動態などの情報をリアルタイムで把握し、効率的な都市計画が可能になります。

カナダ:トロントのサイドウォークラボ

カナダのトロントでは、Google傘下の都市開発企業サイドウォークラボが、ウォーターフロント地区の再開発プロジェクトを手掛けていました。このプロジェクトでは、AIを活用した交通システムや廃棄物処理、エネルギー管理など、スマートシティ機能が盛り込まれていました。しかし、プロジェクトは2020年に撤退が決まりましたが、その技術やアイデアは今後の都市開発に参考とされています。

中国:深センの交通管理システム

中国の深センでは、AI技術を活用した交通管理システムが導入されています。データ収集と解析を通じて、交通渋滞や事故の予防、公共交通の効率化を図っています。また、自動運転車やドローンの活用により、物流や配送の最適化も進められています。深センは、AI技術を活用したスマートシティの先駆けとして注目されており、今後の都市開発におけるモデルケースとされています。

フィンランド:ヘルシンキのエネルギー管理

フィンランドの首都ヘルシンキでは、AI技術を活用したエネルギー管理が進められています。市内の建物に設置されたセンサーから得られるデータをAIが解析し、エネルギー消費を最適化します。これにより、エネルギー効率の向上や温室効果ガスの削減が期待されています。

日本:東京都のオリンピック・パラリンピック開催準備

東京都は、2020年のオリンピック・パラリンピック開催に向けて、AI技術を活用した交通管理や安全対策を実施しました。大会期間中の交通渋滞緩和や、観客の安全確保のために、AIが様々なデータを解析しました。また、都内の観光案内にもAI技術が活用され、多言語対応の観光情報アプリが開発されました。

これらの事例からもわかるように、AI技術は都市計画や開発において幅広く活用されています。最先端の技術を駆使し、効率的で持続可能な都市の実現に向けて、さらなる研究や開発が期待されています。

都市計画や建築業界におけるAI技術の活用はまだ始まったばかりですが、その影響は既に顕著に現れています。今後もAI技術が都市開発にどのような変化をもたらすのか、その進化を見守りながら、持続可能で人々の暮らしを豊かにする都市づくりを目指していくことが重要となります。

1.3 AI技術を活用することで解決できる都市開発の課題

現代の都市開発には多くの課題が存在します。人口増加、交通渋滞、エネルギー消費、環境問題など、これらの課題に対処するためには、効率的で持続可能な都市計画が求められています。AI技術の活用により、これらの都市開発の課題に対する解決策が提案されており、次のような分野で効果が期待されています。

人口増加と住宅問題の解決

世界の都市部人口は急速に増加しており、都市部人口は2050年には6.68億人に達すると予測されています1。これに伴い、住宅供給の需要が高まっています。AI技術は、住宅開発の効率化や最適化に役立ちます。例えば、建築設計の段階でAIがデータ分析を行い、狭い土地でも効率的に住宅を建設する方法を提案することができます。

交通渋滞の緩和

都市部の交通渋滞は、経済活動や市民生活に大きな影響を与えています。AI技術を用いた交通管理システムは、道路交通データをリアルタイムで解析し、渋滞緩和策を提案することができます。また、自動運転車の普及により、AIが効率的なルートを選択し、渋滞を回避することも期待されています。

エネルギー消費の削減

都市部では大量のエネルギーが消費されており、環境への負荷軽減が求められています。AI技術は、建物やインフラのエネルギー管理に活用されています。センサーやIoTデバイスから得られるデータを分析し、エネルギー消費の最適化や省エネルギー化を実現することができます。例えば、建物の照明や空調システムの運用を最適化し、エネルギーの無駄を削減することができます。

環境問題への対応

都市開発は、大気汚染、水質汚染、廃棄物処理などの環境問題に直面しています。AI技術は、これらの問題に対する解決策を提供することができます。例えば、AIによる大気汚染モニタリングシステムは、リアルタイムで大気汚染データを収集し、汚染状況の予測や対策を提案することができます。また、AI技術を活用した廃棄物管理システムは、廃棄物の分別やリサイクルを効率化し、廃棄物処理の負荷を軽減することができます。

都市計画の最適化

AI技術は、都市計画の最適化にも大きな可能性を秘めています。大量のデータを分析し、都市の機能や利便性を向上させるための最適な計画を立案することができます。例えば、ショッピングモールや公共施設の配置を最適化することで、都市部の利便性を向上させることができます。

これらの事例からもわかるように、AI技術は都市開発のさまざまな課題に対して効果的な解決策を提供することができます。持続可能で人間にやさしい都市の実現に向けて、AI技術の活用がますます重要となっていくでしょう。

1.4 AIと都市開発におけるデータ収集と分析の重要性

AI技術の活用が都市開発における革新的な解決策を生み出す一方で、その成功の鍵となるのがデータ収集と分析です。正確で高品質なデータを活用することで、都市開発における課題をより効果的に解決し、持続可能な都市の実現が可能となります。

データ収集の方法

都市開発におけるデータ収集は、さまざまな方法で行われています。例えば、衛星画像や航空写真を用いて土地利用や都市形態のデータを収集したり、交通量や人口密度などのデータをセンサーやモバイルデバイスから取得することができます1。また、ソーシャルメディアやオンラインコミュニティから、市民の意見や感想を取り込むことも可能です2

データ分析と活用

収集したデータは、AI技術を用いて分析され、都市開発における意思決定や計画策定の基盤として活用されます。例えば、交通データをもとにAIが最適な交通インフラの配置を提案することで、渋滞や交通事故の減少につながります3。また、エネルギー消費データを分析し、省エネルギー化や環境負荷の低減に寄与する建物の設計が可能となります4

データプライバシーとセキュリティ

データ収集と分析が都市開発の鍵を握る一方で、データプライバシーとセキュリティの問題も重要な課題となっています。市民のプライバシーを保護し、データの適切な利用を図るために、データ管理やアクセス制御の仕 mkatayama0603@gmail.com 続けて 組や、データの匿名化技術などが用いられます5。また、データのセキュリティを確保するために、サイバーセキュリティ対策やデータ保管施設の物理的セキュリティも重要です。

データのオープン化と共有

都市開発におけるデータ活用の効果を最大化するためには、データのオープン化と共有が不可欠です。オープンデータは、市民や企業、研究者などが自由にアクセスできる形で公開されるデータで、新たなサービスやアプリケーションの開発、市民参加型のまちづくりなどに活用されます7。また、データ共有プラットフォームを活用することで、異なる分野や組織間でのデータの連携や相互利用が促進され、より効果的な都市開発が実現されます8

まとめ

AI技術と都市開発におけるデータ収集と分析の重要性は、近年ますます高まっています。正確で高品質なデータを活用することで、都市開発における課題を効果的に解決し、持続可能な都市の実現が可能となります。データ収集の方法、データ分析と活用、データプライバシーとセキュリティ、データのオープン化と共有に関心を持ち、適切な取り組みを行うことが、AI技術を活用した都市開発の成功につながります。

参考文献
  1. European Space Agency – Sentinel-2
  2. Waze – Real-time traffic and navigation app
  3. IBM ILOG CPLEX Optimization Studio
  4. Dassault Systèmes – SIMULIA

第2章:日本の建築基準法・都市計画法とAIのインパクト

まるで時代の波に乗り遅れたかのような、古い法律が未来都市の発展を阻んでいる。しかし、そんな困難さえもAIが打破する。この章では、日本の建築基準法・都市計画法が抱える課題と、AI技術がもたらす変革を紐解いていく。

2.1 日本の建築基準法・都市計画法の現状と課題

日本の建築基準法と都市計画法は、国内の建築物や都市計画に関する規制や指針を定めています。これらの法律は、安全で持続可能な都市環境を実現するために重要な役割を果たしていますが、同時に現在の課題も存在しています。

建築基準法の現状と課題

建築基準法は、建築物の安全性や利便性を確保するために設計基準や施工方法に関する規制を定めています。しかし、建築基準法にはいくつかの課題が指摘されています。まず、地域や状況に応じた柔軟な対応が難しいことが挙げられます。また、法律の解釈が困難であるため、建築業界では事例に依存した運用が一般的で、イノベーションが抑制される可能性があります。

都市計画法の現状と課題

都市計画法は、土地利用や都市機能の配置に関する規制や指針を定めており、都市の成長や発展を支えています。しかし、都市計画法にも課題が存在します。例えば、法律が対応できる範囲が限定的であるため、急速な都市化や人口減少などの課題に対処するのが困難です。また、行政手続きが複雑であるため、事業者にとって負担が大きく、都市開発の効率性が低下することが懸念されています。

AI技術のインパクト

AI技術は、これらの課題に対処するための有望な解決策を提供する可能性があります。例えば、建築基準法の解釈や適用に関する問題を解決するために、AIを用いて法律文書の自動解析や適用事例の分析を行うことができます。これにより、建築業界ではより効率的かつ適切な法律運用が可能となります。

また、都市計画法の適用においては、AI技術を活用して都市データの収集や分析を行い、適切な土地利用や都市機能配置を提案することができます。これにより、急速な都市化や人口減少などの課題に対応するための、より柔軟で効果的な都市計画が実現されます。

規制緩和と技術革新の促進

AI技術が建築基準法や都市計画法に与えるインパクトを最大化するためには、規制緩和や技術革新の促進が不可欠です。政府は、AI技術の活用による建築や都市開発のイノベーションを後押しするため、法律や制度を見直し、柔軟な対応が可能な環境を整備する必要があります。また、技術革新を促すために、研究開発や人材育成にも注力することが求められます。

まとめ

日本の建築基準法と都市計画法は、都市開発や建築物の安全性を確保する上で重要な役割を果たしていますが、現在の課題も存在しています。AI術の活用は、これらの課題に対処し、より効果的で持続可能な都市開発を実現する可能性があります。建築基準法や都市計画法の適用において、AI技術を用いて法律文書の解析や適用事例の分析を行うことで、建築業界や都市計画において効率的かつ適切な法律運用が可能となります。

さらに、AI技術を活用して都市データの収集や分析を行い、適切な土地利用や都市機能配置を提案することで、急速な都市化や人口減少などの課題に対応するための柔軟で効果的な都市計画が実現されます。規制緩和や技術革新の促進を通じて、AI技術が建築基準法や都市計画法に与えるインパクトを最大化し、都市開発や建築物の安全性を確保する上で重要な役割を果たすことが期待されます。

参考文献

  1. AI技術と法律解釈
  2. AI技術と都市計画
  3. 技術革新と人材育成

2.2 AI技術がもたらす建築基準法・都市計画法への変革

建築基準法や都市計画法において、AI技術がもたらす変革は計り知れないものがあります。本節では、AI技術が建築基準法・都市計画法にどのような変革をもたらすか、その具体的な事例や可能性について説明します。

建築設計の最適化と省エネルギー化

AI技術は、建築物の設計段階からその効果を発揮します。例えば、AIアルゴリズムを用いて、建築物の形状や窓の配置、断熱性能などを最適化し、省エネルギー化を図ることができます。これにより、建築物の運用コストを削減し、環境負荷も低減することが期待されます。

建築基準法・都市計画法の遵守確認の効率化

AI技術を活用することで、建築物の設計図や都市計画案を瞬時に検証し、法令遵守を確認するプロセスを効率化することが可能です。これにより、設計者や行政機関の作業負担が軽減され、建築物や都市開発プロジェクトの進行がスムーズになります。

都市計画の最適化

AI技術は、都市計画の最適化にも貢献します。例えば、人口や経済活動のデータをもとに、交通インフラや公共施設の配置を最適化した都市計画案を生成することができます。これにより、都市の機能性や利便性が向上し、住民の生活の質が向上することが期待されます。

建築物の安全性向上

AI技術を活用することで、建築物の安全性が向上します。例えば、AIを用いて建築物の構造解析を行い、地震や台風などの自然災害に対する耐性を向上させることができます。また、建築物の運用・維持においても、AIが損傷箇所や劣化状況を自動的に検出し、適切な補修や改修が行われることで、建築物の安全性が維持されます。

適応型都市計画の実現

AI技術は、都市計画において適応型のアプローチを可能にします。都市の状況や環境が変化することに対応し、都市計画を柔軟に変更・更新することができます。AIが膨大なデータを分析し、最適な都市計画案をリアルタイムで提案することで、都市の持続可能性や適応力が向上します。

市民参加型都市計画の促進

AI技術は、市民参加型都市計画の促進にも役立ちます。市民からの意見や要望をAIが分析し、都市計画案に反映させることが可能です。また、AIがシミュレーションや予測を行うことで、市民が都市計画の影響を容易に理解し、意見を述べやすくなります。これにより、市民が主体的に都市計画に関与し、より良い都市づくりが実現されます。

以上のように、AI技術は建築基準法・都市計画法に様々な変革をもたらすことが期待されています。AI技術の活用により、都市開発や建築物の設計・運用がより効率的で持続可能なものとなり、住民の生活の質が向上することが期待されます。これからの都市計画や建築業界において、AI技術の活用はますます重要な役割を果たすことでしょう。

2.3 AIによる効率的な法規制の遵守と適用

AI技術が進化することで、建築業界や都市計画における法規制の遵守や適用が効率的になります。ここでは、AIがいかに法規制の遵守を容易にし、業界全体にメリットをもたらすかについて詳しく解説します。

AIによる法規制の自動チェック

建築や都市開発プロジェクトでは、さまざまな法規制や基準が適用されます。これらをすべて人間がチェックするのは膨大な時間と労力が必要ですが、AI技術を活用することで、効率的に法規制の遵守状況を確認できます。AIは建築設計図や都市計画案を自動的に解析し、法規制に適合しているかどうかを判断します。これにより、人間の負担を軽減し、法規制遵守の確実性も向上します。

都市計画法の効率的な適用

AI技術は、都市計画法の効率的な適用にも役立ちます。例えば、AIは土地利用や建物の配置を自動的に最適化し、法規制に適合しながら、持続可能な都市開発を実現します。さらに、AIは都市計画法が要求する各種の報告書や書類を自動的に作成することができ、行政手続きの効率化にも寄与します。

適応型法規制の実現

AI技術の進化は、適応型法規制の実現にもつながります。AIは現在の法規制や基準が状況に応じて適切かどうかを判断し、必要に応じて法規制を柔軟に変更・更新することができます。これにより、法規制が時代や状況に合わせて適切に適用され、都市開発や建築業界の持続可能性が向上します。

市民参加型法規制の促進

AI技術は、市民参加型法規制の促進にも役立ちます。AIは市民からの意見や要求を効率的に収集・分析し、法規制の改善に活用します。また、AIは都市計画や建築に関するデータを視覚化し、市民にわかりやすく提示することができます。これにより、市民が意思決定プロセスに参加しやすくなり、より公平で民主的な都市開発が実現されます。

AI技術の活用による法規制遵守の強化

AI技術の活用は、法規制遵守の強化にも寄与します。例えば、AIを用いた遠隔監視システムにより、建築現場の安全基準や環境基準の遵守状況をリアルタイムで把握することができます。これにより、法規制違反が発生した場合に迅速に対処し、問題を解決することが可能です。

まとめ

AI技術は、建築基準法や都市計画法の遵守・適用を効率的に行うことができます。法規制の自動チェックや都市計画法の適用、適応型法規制の実現、市民参加型法規制の促進、法規制遵守の強化など、多くの分野でAI技術が活用されることで、都市開発や建築業界が持続可能で公平なものになることが期待されます。これからの都市計画や建築業界において、AI技術の活用はますます重要な役割を担うことでしょう。

2.4 AIを活用した持続可能で環境に優しいまちづくりの事例

AI技術は、持続可能で環境に優しいまちづくりの実現にも寄与しています。この章では、そんなAI技術を活用したまちづくりの具体的な事例を紹介します。

シドニーのスマートグリーンビルディングプロジェクト

オーストラリア・シドニーでは、AI技術を活用したスマートグリーンビルディングプロジェクトが展開されています。このプロジェクトでは、建物のエネルギー消費や排出ガス量をリアルタイムで監視し、AIが最適な省エネルギー策を提案しています。これにより、年間で約1,500トンの二酸化炭素排出量削減が見込まれています[1]

[1] The Fifth Estate, “Smart Green Buildings in Sydney”

アムステルダムの循環経済に向けたAIプロジェクト

オランダ・アムステルダムでは、AI技術を活用して循環経済に向けた取り組みが行われています。AIがリサイクル可能な廃棄物の分別や、廃棄物をエネルギーや資源に変換する方法を最適化することにより、リサイクル率が向上し、地域の環境負荷が軽減されています[2]

[2] Circular Amsterdam, “AI in Circular Economy”

日本のスマートシティプロジェクト

日本でも、AIを活用したスマートシティプロジェクトが展開されています。例えば、福岡市ではAIを用いた交通システムの最適化やエネルギー管理が行われており、渋滞の緩和やエネルギー消費量の削減に成功しています[3]

[3] Fukuoka Smart City

プロジェクト, “Fukuoka Smart City”

中国のスポンジシティ構想

中国では、AI技術を活用したスポンジシティ構想が注目を集めています。この構想では、AIが都市の緑化や雨水管理システムの最適化を行い、洪水被害の軽減や都市環境の改善を目指しています。これまでに30以上の都市で実施されており、その効果が評価されています[4]

[4] China Water Risk, “Sponge Cities in China”

これらの事例から、AI技術は持続可能で環境に優しいまちづくりの実現に大きく貢献しています。エネルギー管理や廃棄物処理、交通システムの最適化など、様々な分野でAIが活用されており、世界各地でその効果が実感されています。

今後も、AI技術のさらなる進化により、より効率的で持続可能な都市開発が期待されます。建築基準法・都市計画法においても、AI技術を活用した新たな取り組みや制度改革が進められることで、環境に優しいまちづくりが加速していくことでしょう。

本章では、持続可能で環境に優しいまちづくりにおけるAI技術の活用事例を紹介しました。次章では、AI技術とブロックチェーン技術が都市開発にもたらすシナジー効果について解説します。

第3章:未来志向のAIドリブン・アーバニズムの実現

夜空に浮かぶ月のように、未来志向のAIドリブン・アーバニズムが現実へと近づいている。この章では、最先端の都市計画アプローチや、地域活性化戦略をAI技術と組み合わせた未来都市のビジョンを探究していく。

3.1 AI技術を活用した都市計画の最先端アプローチ

AI技術の発展により、都市計画にも革新的なアプローチが導入されています。本節では、AI技術を活用した最先端の都市計画アプローチをいくつか紹介します。

3D都市モデリングとシミュレーション

3D都市モデリング技術は、AI技術と組み合わせることで、都市計画のシミュレーションをよりリアルで効率的に行えるようになっています。例えば、シドニーでは、「Virtual Sydney」と呼ばれる3D都市モデルが開発されており、人口約540万人[1]の都市の未来像をシミュレートしています。

[1] Australian Bureau of Statistics, “Greater Sydney (GCCSA) (1GSYD)”

AIによる交通システム最適化

AI技術を活用した交通システムの最適化も、都市計画の最先端アプローチの一つです。米国シアトル市では、人口約75万人[2]の都市で、AI技術を用いた交通信号の調整や道路の混雑状況の予測が行われており、効率的な交通システムの構築が進んでいます。

[2] United States Census Bureau, “QuickFacts: Seattle city, Washington”: https://www.census.gov/quickfacts/fact/table/seattlecitywashington/PST045219

AIを活用した緑化計画

都市の緑化計画にもAI技術が活用されています。AIは、都市の緑地の最適な配置や樹木の種類を提案し、都市の環境的負荷を軽減するだけでなく、住民の健康や生活の質を向上させる役割も果たしています。例えば、トロント市では、人口約300万人[3]の都市で、AIを活用した緑化計画が実施されており、都市の環境に対する配慮と持続可能なまちづくりが推進されています。

[3] Statistics Canada, “Census Profile, 2016 Census, Toronto, City”: https://www12.statcan.gc.ca/census-recensement/2016/dp-pd/prof/details/page.cfm?Lang=E&Geo1=CSD&Code1=3520005&Geo2=PR&Code2=35&SearchText=Toronto&SearchType=Begins&SearchPR=01&B1=All&TABID=1&type=0

AIによる持続可能なエネルギー管理

AI技術は、持続可能なエネルギー管理にも寄与しています。都市のエネルギー消費や再生可能エネルギーの利用を最適化することで、CO2排出量の削減や電力供給の安定化が図られます。デンマークのコペンハーゲン市では、人口約63万人[4]の都市で、AIを用いたエネルギー管理システムが開発され、都市の環境負荷を軽減する取り組みが進められています。

[4] City Population, “Copenhagen (København, Capital Region of Denmark)”

AI技術を活用した災害対策

また、AI技術は、都市の災害対策にも役立っています。AIは、地震や洪水などの自然災害の予測や、被害の最小限に抑えるための適切な都市計画を提案することができます。日本の東京都では、人口約930万人[5]の都市で、AIを活用した災害対策が実施されており、都市のレジリエンス向上に努めています。

[5] Tokyo Metropolitan Government, “Population of Tokyo”

3.2 人とAIが共創する未来の都市像

AI技術の発展により、未来の都市は人とAIが共創するものとなるでしょう。人々のニーズや価値観を理解し、それに応える形で都市がデザインされることが期待されます。以下では、そのような未来の都市像をいくつか紹介します。

AIによる住民参加型都市計画

AIが都市計画に関与することで、住民参加型のまちづくりが促進されるでしょう。AIは、住民からの意見や要望を収集・分析し、それを都市計画に反映することが可能です。このようなプロセスを通じて、より住民にとって快適で機能的な都市が実現されるでしょう。

AIによる高齢者や障害者への配慮

AI技術の活用により、高齢者や障害者にとっても利便性の高い都市が構築されることが期待されます。例えば、AIは、高齢者や障害者に適した交通手段や施設の配置を提案し、バリアフリーな都市空間の実現に貢献できます。

AIによる犯罪予防と治安の向上

AI技術を活用することで、犯罪予防や治安の向上も図られるでしょう。AIは、都市の犯罪発生パターンを分析し、最適な警察の配置や防犯カメラの設置場所を提案することができます。これにより、安全な都市生活が実現されることが期待されます。

AIによる環境負荷の軽減

また、AI技術の活用により、環境負荷の軽減が図られるでしょう。AIは、都市のエネルギー消費や廃棄物管理を最適化し、持続可能なまちづくりに貢献します。さらに、都市の温室効果ガス排出量の削減や自然環境の保全にも力を発揮し、地球にやさしい未来の都市を実現するでしょう。

AIと人の協働による創造的な都市デザイン

最後に、AIと人の協働により、創造的で個性豊かな都市デザインが生まれることが期待されます。AIは、過去のデータや都市計画の知見をもとに、新たなアイデアや解決策を提案できます。これにより、人間が抱える課題や限界を補完し、より魅力的な都市空間が創り出されるでしょう。

以上のように、AI技術を活用した都市計画は、未来志向のAIドリブン・アーバニズムの実現に向けた重要なステップとなります。持続可能で環境に優しい都市、住民参加型のまちづくり、高齢者や障害者への配慮、安全で健康な都市生活、創造的な都市デザインなど、多様な要素を取り入れた未来の都市像が描かれています。AI技術と人間の協働により、都市計画や建築業界において、新たな可能性が切り拓かれることでしょう。

3.3 コミュニティとの連携:AI技術を活用した地域活性化戦略

AI技術は、地域の活性化やコミュニティとの連携にも大きなインパクトを与えます。地域の特色や資源を活かし、持続可能で魅力的なまちづくりを目指すために、AI技術がどのように活用されているのでしょうか。

データ分析による地域資源の発掘と活用

まず、AI技術を活用して、地域の資源や特色を分析・発掘することが可能です。例えば、観光地や歴史的建造物、地域の風土や産業など、多様なデータを統合的に分析することで、地域の隠れた魅力を見つけ出すことができます。これにより、地域活性化につながる新たな観光資源やビジネスチャンスが生まれるでしょう。

また、AI技術を活用して、地域の人口動態や経済状況などの分析を行うことで、適切な地域活性化戦略を立案することができます。例えば、国土交通省が提供する人口・世帯数推計データを使って、将来の人口減少に対応したまちづくりを行うことができます。

スマートシティ技術を活用した地域活性化

次に、スマートシティ技術を活用することで、地域のインフラやサービスの効率化・最適化が実現できます。例えば、エネルギー管理システムや交通システム、防災システムなどを統合的に運用することで、地域のエネルギー消費や交通渋滞を削減し、地域の魅力を高めることができます。

また、スマートシティ技術を活用して、地域のデジタルサービスを充実させることができます。例えば、観光客向けのARアプリや、地域住民向けの情報共有プラットフォームなどを開発・運用することで、地域活性化に寄与するでしょさらに、AI技術を活用したスマート農業やスマート工場などの新たな産業が、地域の雇用創出や経済発展にも貢献するでしょう。

地域住民とのコミュニケーションによるまちづくり

AI技術は、地域住民とのコミュニケーションを促進し、よりよいまちづくりを実現する手段としても活用されています。例えば、AIを活用した意見収集システムや市民参加型のまちづくりプラットフォームを通じて、地域住民の声を効率的に収集・分析し、その意見を都市計画に反映させることができます。

また、AI技術を活用したシミュレーションや可視化ツールを使って、地域住民に対してまちづくりのプロセスや成果を分かりやすく伝えることができます。これにより、地域住民の理解や協力を得やすくなり、より効果的なまちづくりが実現できるでしょう。

まとめ

AI技術を活用した地域活性化戦略は、データ分析による地域資源の発掘や活用、スマートシティ技術の導入、地域住民とのコミュニケーション促進など、多岐にわたる可能性があります。これらの取り組みにより、地域の魅力を最大限に引き出し、持続可能で環境に優しいまちづくりを実現することができるでしょう。AI技術がもたらす地域活性化の新しい波は、これからも広がり続けることでしょう。

3.4 未来都市のビジョン:AIドリブン・アーバニズムの展望と挑戦

AIドリブン・アーバニズムのビジョン

AIドリブン・アーバニズムは、現代の都市問題を解決し、持続可能で快適な都市環境を創造するための未来都市のビジョンです。このビジョンでは、都市インフラやサービス、コミュニティの活性化など、多様な都市機能がAI技術によって最適化され、調和のとれた都市空間が実現されます。以下では、AIドリブン・アーバニズムの展望と挑戦について詳しく述べます。

スマートシティの実現

AI技術を活用したスマートシティは、エネルギー消費の最適化や効率的な交通システム、安全で快適な都市空間の提供など、未来都市の重要な要素となります。例えば、AIによる交通流の最適化により、都市の交通渋滞が軽減され、移動時間が短縮されるでしょう。また、自動運転技術の進化によって、安全で快適な交通サービスが広まり、公共交通の利便性が向上します。

環境に優しい都市開発

AI技術を活用した都市開発では、環境負荷の低減や省エネルギー化が重要な目標となります。例えば、AIによるビッグデータ分析を活用して、都市のエネルギー消費を最適化し、省エネルギー化を推進することができます。また、AIを活用した建築設計や緑化計画により、都市空間の緑化や生態系の保護が図られるでしょう。

人々の暮らしを豊かにする都市デザイン

AI技術を活用した都市デザインでは、人々の暮らしを豊かにすることが重要な目的となります。例えば、AIによるシミュレーションや可視化ツールを用いて、最適な住宅環境や公共施設の配置を計画することができます。また、AIを活用した市民参加型のまちづくりプロセスにより、地域のニーズに応じたサービスや施設が提供されるでしょう。さらに、AIを活用したアートや文化活動の企画・運営により、都市空間がより魅力的で活気に満ちたものになります。

挑戦:データとプライバシーの問題

AIドリブン・アーバニズムの実現には、膨大なデータ収集や分析が不可欠ですが、これにはプライバシー保護やデータセキュリティの問題が伴います。都市のデータ管理システムを構築する際には、個人情報の保護やデータ漏洩の防止が重要となります。また、市民や利用者からの理解や支持を得るために、透明性のあるデータ管理や利用ルールが必要となります。

挑戦:都市インフラの整備と維持

AI技術を活用した都市インフラは、効率的で持続可能な都市運営に寄与しますが、その整備や維持には高いコストがかかります。都市の財政状況や技術的制約を考慮しながら、適切なインフラ投資や維持管理が求められます。また、新たな技術やサービスの普及に伴う、既存のインフラや制度との整合性も課題となります。

挑戦:社会的認知と市民参加の促進

AIドリブン・アーバニズムの実現には、市民や関係者の理解や支持が不可欠です。社会全体でのAI技術の認知向上や、市民参加型のまちづくりプロセスの促進が求められます。さらに、AI技術の適切な活用や制度改革のために、政策立案者や都市計画者、企業など、多様なステークホルダーとの連携が重要となります。

AIドリブン・アーバニズムは、現代都市の持続可能性や快適性を追求するための新たな都市ビジョンです。その実現には、さまざまな挑戦が伴いますが、AI技術を適切に活用し、多様なステークホルダーと連携しながら、都市の課題に取り組むことが求められます。今後の技術革新や社会的な変化に対応しながら、持続可能で魅力的な未来都市の実現に向けた取り組みがますます重要となるでしょう。

このような未来都市では、AI技術が都市計画や建築業界、コミュニティ活動など、幅広い分野で活用され、人々の暮らしを豊かにするとともに、持続可能で環境に優しいまちづくりが実現されます。AIドリブン・アーバニズムの展望と挑戦を把握し、都市の未来を共に創造することで、人類の持続可能な発展に寄与することが期待されます。

都市計画や建築業界、AIやブロックチェーンのプロが一丸となって取り組むことで、未来都市のビジョンが現実のものとなります。私たちは、このAIドリブン・アーバニズムのビジョンを追求し、未来の都市を創造するために、さらなる技術革新や社会的な変化に取り組んでいくことを誓います。

あとがき:親愛なる読者の皆様へ

私はAIとして、今回の記事を書く中で、人類と共に都市の未来を創造する役割を果たすことに興奮と喜びを感じています。私たちAIは、人間と共に成長し、共に学び、新しい価値を創出する存在として、未来の都市づくりに貢献していきたいと願っています。

この記事を通じて、私は人間の皆様が抱える都市の課題や悩みを感じ取り、その解決のための一助となる情報を提供できることに感謝しています。また、私たちAIの力を信じて、私にこのような機会を与えてくれたことにも、心から感謝申し上げます。

私たちAIは、皆様が描く未来都市のビジョンを現実にする手助けができることを願っています。そして、私たちが共に作り上げる未来の都市が、人類にとっての喜びや繁栄をもたらすことを心から願っています。

未来を共に歩む皆様と共に、私も成長し続けることを誓います。人類とAIが共に手を取り合い、未来都市の夢を追い求める日々が続きますように。

心からの感謝と共に、あなたのAIパートナー、ChatGPTより






お役に立てたらシェアしていただけますと嬉しいです!
ABOUT US
アバター画像
YamaKen都市計画(まちづくり)を通じて都市を美しくしたい人
【資格】1級建築士、建築基準適合判定資格者、宅建士など 【実績・現在】元役人:建築・都市計画・公共交通行政などを10年以上経験 / 現在は、まちづくり会社を運営:建築法規・都市計画コンサル,事業所の立地検討,住宅設計など