凍結深度とは何か?(寒い地域では知っておいた方がよい規定)

こんにちは。山好き建築士です。

今回は、「凍結深度」という言葉をポイントに基礎設計において注意すべき事項について解説します。ちなみに、今回の記事、これから寒くなってくるので、”あっ”と思い立って書いたので、説明不足があるかもしれまんせがご了承ください。

はじめに

建築基準法で凍結深度という言葉が出てくるのは、基礎に関する告示の部分です。

「平成12年5月23日建設省告示第1347号 建築物の基礎の構造方法及び構造計算の基準を定める件」に記載されています。

基礎の根入れの深さ(GLから基礎の底部まで)を凍結深度よりも深いものとすることとなっています。

凍結深度とは、地盤が凍結する深さのことで、土を触ると分かると思いますが、湿っていますよね? 土には、水分が含まれているので、寒冷地では冬季に凍結するんです。

問題なのは、凍結することではなく、凍結により地盤が膨張することが建築物に悪影響を与えます。水が入ったペットボトルを冷凍庫に入れて凍らせると膨らむことを想定してもらえれば分かるかと思います。

水から氷になると体積が増えるんです。
これが地盤の中で起こると、基礎を持ち上げる力になり、建築物に傾きや基礎が割れる要因となります。

そのため、法では、凍結深度以深に基礎の底部を設置しなさいとしているのです。

凍結深度が定められている地域では、基礎を凍結深度以深にするのは当然ですが、過去の気象状況から安全側をみて判断した方がいいです。

凍結深度の調査方法は?

各自治体の、条例や規則、細則等において定められているので、
各自治体のホームページまたは直接問い合わせすれば、規定(指導)されているか、調査することができます。

この凍結深度ですが、北海道や東北・北陸地方などにおいて定められているようで、例えば八戸市では、60㎝以上とされています。
また、長野県では、45㎝以上と規定されています。

凍結深度が定められていない地域は気にしなくて良い?

凍結深度が定められていない地域でも、標高が高い地域では、冬期の気温が低いため平地よりも地盤が凍結する深さが大きい場合もあるので注意が必要です。
そのため、凍結深度が定められていない地域でも過去の気象情報を活用して1月や2月の気温を調査するのが良いと思われます。

まとめ

以上、今回は、凍結深度について記事にしてみました。
寒冷地で設計する際には、凍結深度を考慮して設計しないと、構造体に影響を与えるだけでなく、建築物の使用上の問題(傾き)も発生するので注意しましょう!
ここまで読んで頂きありがとうございました٩( ‘ω’ )و