二級建築士製図試験の勉強のコツと製図道具の揃え方[独学編]

こんにちは!!建築士のやまけんです^ ^

今回の記事では、二級建築士製図試験の独学者向けに勉強のコツと製図道具の揃え方をお伝えします。




はじめに

私は、大学卒業後すぐに二級建築士を取得しました。

なお、学科、製図ともに独学で合格していますので、二級建築士の学科試験は合格したけど、製図試験については、「今まで製図をしたことがない」や「自分に製図ができるか不安」といった悩みを抱えている方への参考になると思います。

というか、私が伝える勉強のコツを試してみてください。

きっと、製図試験に合格するためのスキルだけではなくて、実際の住宅設計において必要なポイントがつかめるはずです。

それでは、解説していきます。

なお、製図試験の概要については記載しませんので、ご自身で調べてくださいね。

製図試験の勉強方法のコツ①

製図試験に合格した方のサイトを閲覧する。

というのも、二級建築士の製図試験は独学合格者が多いためか、様々な方が、製図試験の勉強方法を紹介しています。

そのサイトに記載されている勉強方法を見るようにしましょう!!
合格している方は、こうやったら合格できたよっていうことを親切に紹介しているケースが多いです。

なお、その際に大切なポイントがあります。
内容を見て、「これは使えそうだな」と自分で思ったものだけ試してみるようにすることが重要です。

人から言われたことって頭に入らないし、途中で人の所為にするんですよ。
言われたからやったのに、全然上達しないじゃんとね・・・

そのため、「この方法を試してみよう!」と、自分の責任において決めましょう!

繰り返しになりますが、大切なことは、人が言っているんじゃなくて、自分でやってみたい勉強方法だと決めて実行することが大切です。

製図試験の勉強方法のコツ②

模範解答をひたすら「トレース」することです。

これがファーストステップとして一番大切です。

なぜかというと、製図試験初心者は、どのように線を引いたら良いかわからない、建物のボリューム感がわからない、立面や矩形などの書き方なんてさらに分からないと、とにかく分からないだらけのはずです。

そのため、模範解答を見ながら書き写す「トレース」をして、線の引き方から建物ボリューム感をしっかりと頭にたたきいれましょう!!

この勉強の際に参考になるのが、総合資格や日建学院で出している参考書です。

※平成31年度(令和元年度)が出たら購入するようにしましょう。
だいたい7月ごろのはずです。

とにかく、模範解答をトレースです。
これ以外のファーストステップとして最適な方法は無いと断言できます。

さらに、その際の線の引き方などに関しては、次の参考書(設計製図テキスト)を参考にすると良いです。

この書籍では、エスキスから線の引き方などの製図のイロハを教えてくれるものです。
わたしも、初めはこれを使って勉強しました。


2019年度版が既に出ていますので、2019年度版の設計製図課題集が出るまでは、ここに記載されている模範解答を勉強するようにしましょう!!

 

例年、学科試験日に製図の課題が出題されますが、課題が分かれば、木造なのかRC造なのか分かりますので、この製図テキストに記載されている問題例については、学科試験日以降から課題集がでるまでの期間のトレース材料として使用するのがベストだと思います。

ちなみにトレース用の図面は本番と同じく、厚紙の方がいいので、こちらの商品を購入しましょう。


二級建築士設計製図用紙(部分詳細図木造用)20枚


二級建築士設計製図用紙(鉄筋コンクリート造)20枚

製図試験の勉強方法のコツ③

模範解答のトレースができたら課題の内容と照らしあわせてチェックします。

ここも重要なポイントです。

「なぜ?この配置、面積なのか」という疑問もって考えて、チェックします。

課題の内容の一つ一つをトレースした図面上でチェックしていく感じです。

これで、建物のボリューム感や配置・動線計画が身につくはずです。

製図試験の勉強方法のコツ④

上記の②から③の内容を最低10回以上は繰り返す。

これを続けると、図面を書くことに慣れると思います。

慣れることで、製図試験の全体像がどういったものかがつかめているはずです。

建物の配置、ボリューム感、室の配置や床面積、動線など、日常生活をイメージしながら製図するともっと上達するかも。

ここまでがファーストステップです。

次のステップが最後ですが、合格するために最重要部分です。

製図試験の勉強方法のコツ⑤

試験形式で15回以上図面を書くです

これが一番辛いと思います。

なぜかというと、エスキスでつまづくはずだからです。

エスキスで計画をまとめる作業が一番難しいからです。

とはいえ、このエスキスさえ仕上げれば残りは図面を書くだけなので、構造的な図面を書く場合を除き、あとは、トレース作業で図面を書くスピードは格段に上がっているはずですから楽です。

このエスキスの悩みは試験当日まで完全にクリアになることはないですが、難易度は下げることができます。

それは、繰り返し試験形式で繰り返し図面を書くこと。これしか解決する方法はありません。

ゲームでいえば、ボス戦をクリアするために、レベルアップしますよね。
スキルも大切ですが、全体的にレベルを底上げしないと根本的に勝てない、あの感じかも。

繰り返しですが、とにかく数をこなすことです。

エスキス用紙はこちら。木造とRCで異なる注意を。

製図エスキース用紙(木造)4.55mm方眼A3


製図エスキース用紙5mm方眼A3


製図エスキース用紙10mm方眼A3

 

製図試験の勉強方法の5つのコツのまとめと補足

①製図試験に合格した方のサイトを閲覧
②模範解答をひたすら「トレース」
③模範解答のトレースができたら課題の内容と照らしあわせてチェック
④ ②から③の内容を最低10回以上
⑤試験形式で15回以上図面を書く

※補足
可能であれば、⑤の完成した図面については、10年以内で二級建築士に合格した方にチェックしてもらうことが最良です。(重大な減点ポイントを見逃している可能性があるため)

製図試験初心者のための道具一式

最近では、Amazonで道具一式が販売されているので、何を買って、何を買わないみたいな悩みが少なく済むので比較的便利かも。悩むことに時間をかけずにひたすら勉強しましょう!

購入して、図面を書いてみて、これがあったら便利だなと思ったら他の便利な道具を購入しましょう。

最後に

疲れたら休みましょう。

意図的に休むことも重要です。
特に製図試験は座りっぱなしでかつ脳をフル回転されるので、とても疲れるはずです。

疲れたら、こう言った書籍を見て、脳を休めながら、「こんな住宅いいなー」とか想像しながら配置プランなどを参考にすると最適な休み方になります。


新建築住宅特集2019年5月号/まちに暮らす楽しさー新しい時代の都市と住宅ー

 

それでは、記事としてはここまでとなります。
最後までご覧いただきありがとうございました。

閲覧した受験者の皆様が合格することを祈っております^ ^