建築基準法を調べたい方はこちらをクリック

住宅の柱の太さはどのくらいがいいの?

木造住宅建築物のうち、柱の小径についての解説記事
・木造住宅の建築を予定しているけど、どの程度の柱の太さとするのが良いの?
・建築士に柱の太さを言われても分からないから、法律の基準を知りたい。

上記の悩み等を解決する記事となっています。

こんにちは!建築士のやまけんです。

それでは早速説明していきます。




木造建築物の柱とは?

最近、Amazonでも柱用木材が売られての知ってます?このあいだサイトをみててびっくりしたんです。

それだけ市場は変わりつつあるのかもしれないですねー。話は戻りまして、ということで柱用木材の小径ですが、住宅用ですと一般的には次のような寸法のものが使用されます。

・105㎜*105㎜
・120㎜*120㎜
・135㎜*135㎜
・150㎜*150㎜
・180㎜*180㎜

多くのケースでは、通し柱と呼ばれる1階と2階を通す四隅の柱は120㎜で、通柱以外の管柱は105㎜ではないかと思われます。どちらも華奢な柱ですし、耐震上は意味がほぼないです。

城や寺社じゃない限りは柱自体に耐震性があることは稀ですね。

現在の住宅は、耐震壁(構造用合板か筋交)によって耐震性能を確保しているので柱は梁とともに単純に2階部分(平家であれば屋根)の荷重を支えているだけです。それを理解した上で、建築基準法における柱の小径の最小値の基準をご覧ください。

柱の小径の最小値

建築基準法では、d(小径)を次のように規定しています。

柱の小径 ≧ 横架材間の垂直距離*表の係数
張り間方向又はけた行方向に相互の間隔が10m以上の柱又は学校、保育所、劇場、映画館、演芸場、観覧場、公会堂、集会場、物品販売業を営む店舗(床面積の合計が10㎡以内のものを除く。)若しくは公衆浴場の用途に供する建築物の柱
上欄以外の柱
(一戸建ての住宅)
・最上階
・平家の柱
・その他の階の柱
・最上階
・平家の柱
・その他の階の柱
(一)
土蔵造の建築物その他これに類する壁の重量が特に大きい建築物
1/22
1/20
1/25
1/22
(二)
(一)に掲げる建築物以外の建築物で屋根を金属板、石板、木板その他これらに類する軽い材料でふいたもの
1/30
1/25
1/33
1/30
(三)
(一)及び(二)に掲げる建築物以外の建築物
1/25
1/22
1/30
1/28

例えば、平家の住宅で、屋根材が金属板で、横架材間の距離が2.7mだとすると、柱の小径は次のようになります。

柱の小径 ≧ 2.7m*1/33≒82㎜ つまり柱の小径は 8.2㎝以上必要となります。

一般的に柱材は12㎝を使用するので、このケースでは問題ないですよね。

逆に120㎜を使用する場合は、どの程度の距離まで対応可能かというと、先程の平家の住宅のケースでは3,960㎜となります。つまり、平家で軽い屋根であれば約4mまで高さを上げることが可能です。

なお、注意点として、難しいかもしれないですが、柱の有効細長比は150以下とすることが決められているので、例えば、120㎜の柱の場合、長さが5mを超えるようになると細長比が150を超えてしまう場合があります。

補足:お城の柱

ちなみにですが、城の柱はどの程度太いと思いますか?

松本城ですと、1階部分で約30〜40㎝とされていますから、横架材間の距離としては、6mから8mまで対応することが可能です。30㎝から40㎝程度あると、柱と梁によって耐震性が確保されるので耐震壁は少なくて済むかも・・・とはいえ、現代の住宅のこのサイズを使うことはコスト的にあり得ないでしょう。

大きな径の柱を使っている住宅があるとすれば、江戸や明治時代に建築された住宅の一部くらいかもですね。

本記事のまとめ

ということで、今回は木造柱の小径の基準を解説しました。

木造住宅の場合ですと、次のような基準となります。参考にしてみてください。

最上階・平家 その他の階の柱
土蔵造等の建築物 柱の小径 ≧ 横架材間の垂直距離*1/25 柱の小径 ≧ 横架材間の垂直距離*1/22
軽い屋根材料の建築物 柱の小径 ≧ 横架材間の垂直距離*1/33 柱の小径 ≧ 横架材間の垂直距離*1/30
上記以外 柱の小径 ≧ 横架材間の垂直距離*1/30 柱の小径 ≧ 横架材間の垂直距離*1/28

注)3階建て以上の場合においては、1階部分の柱の小径は135㎜以上
注)2階建て以上の隅柱等は通し柱とする
注)構造耐力上主要な部分である柱の有効細長比は150以下

それでは今回の記事は以上となります。
参考になれば幸いです。