宅配ボックスがある賃貸住宅に住んでみた感想

宅配ボックスが備え付けられている賃貸住宅(アパート・マンション)に住んで良かった点(メリット)をお伝えしていこうと思います。
一方で、若干のデメリットもありますので、その点についても説明してます。

こんにちは!やまけんといいます。
YamakenBlogでは、建築や都市計画、不動産に関して業務に役立つ豆知識や、専門的な用語に不慣れな方向けに理解しやすい建築や都市計画を発信していますので、良かったらブックマーク登録をお願いします♪

それでは説明していきます。




メリット:時間の確保が可能

賃貸住宅に宅配ボックスがない場合、指定した日の指定した時間を家で待っている必要がありますよね。そんな時って『いつくるのかな〜』とソワソワして、家でやろう思っていた作業も非効率になりがちだと思うんですよね。

(実際、いつ来るかな〜?荷物届いたら家のことやろうなって考えたりして、荷物が届くことを前提に行動していたりするもの・・・)

それが宅配ボックスがあれば、時間を気にする必要がなくなるので、気持ち(精神)的に楽です。

また、わたしの場合には、専門書を購入する機会が多いので、わざわざ専門点まで足を運ぶのがめっちゃめんどいと思っている人ですから、『あ、この本読みたかったんやつだ〜』とすぐにポチれば、2日後には宅配ボックスに入っているので、仕事帰りに書店に寄る必要がなくなりました。

そのおかげで、無駄な移動をする必要がなくなりました。つまり、時間を有効に確保することが可能となりました。これが一番大きなメリットだと思います。
それに、現在のコロナ禍を考えると、なるべく接触機会を減らした方がいいと思うので、宅配ボックスのメリットは高いです。

配送の方も居住されている方と接触する機会が減るため、お互いにメリットがあると思います。

一方で、デメリットもあります。

デメリット①:ネット注文数が増加

それは、宅配ボックスが無い家に住んでいた頃は、なるべく”まとめ買い”していました。

宅配ボックスが無いい家に住んでいる人は分かると思うのですが、この商品欲しいなって思っても、その都度に注文していたら、受け取りが面倒なので、注文を躊躇ってしまうことがあると思うのです。

ですが、宅配ボックスがあることで、そのような手間なことをする必要がなくなったことで、気になった商品をどんどんポチるようになってました・・・(お金やばい・・・って状況になります。)

特に、宅配ボックスに入る小・中型商品は気にせずに、一週間に何度もポチるクセがついてますw

あっ、もちろん大型商品(高さが1mを超える商品)は宅配ボックスに入らないので、大型系(家電など)を気軽にポチることはありません。

デメリット②:生鮮食品が扱えない

生鮮や冷凍に対応していないので、気軽に有名店のラーメン宅配ができないのだ・・・
個人的なデメリットの一つでもあります。

生鮮食品に対応しているボックスは、大型ショッピングモールに行かない限りみることはないですよね。仮に宅配ボックスが生鮮食品や冷凍食品に対応できるようになれば、スーパーに行く機会はかなり減ると思います。

となると、将来の店舗面積は今ほど必要はなくて、物流空間を充実させる必要が出てくると思うので、スーパーの店舗設計をされている方は、今後は個人宅に宅配する頻度が増えるから、そのための物流空間を確保するように設計を提案してもいいかも。

>>なお、宅配ボックスは容積率緩和の適用が可能です。

生鮮系を扱うことになるとメンテナンスが掛かることになりますが、多少、共益費が高くても、絶対に便利な宅配ボックスを充実させて欲しい!!←この潜在的ニーズが市場を成長させる。

コンサル辞めたら不動産業もやろうかななんて考えているので、その際には良い商品をつくって、自社の賃貸住宅に導入してみたいなーと考えてます♪(めっちゃ儲けてやるっw)

ちなみにクックパッドさんでは既に動かれているみたいでして、クックパッドマートという製品(生鮮食品宅配ボックス)の導入を進めています。
この商品の面白いところは、ただの生鮮食品宅配ボックスの機能だけじゃなくて、地域の生産者や販売者が参入できる仕組みになっています。

(卸を通さないとすれば、安く・早く消費者に手に入るのでメリット高いかもですかね? わたしの住んでいるエリアでは見たことがないので、今後増えてくれたら使ってみたいと思ってます。そしたらレビューしますね!)
>>詳しくはこちら→https://cookpad-mart.com/about/station

まとめ

ということで、宅配ボックスが設置されている賃貸住宅に住んでみた感想をお伝えてきましたが、いかがでしたでしょうか。

繰り返してお伝えすると、メリットは待機時間の無駄を無くすことで有効に時間を確保できるようになったこと。

ただしデメリットもありまして、気軽にポチる癖がついてしまったこと(泣)です。
今後は、通常宅配ボックスのみならず、生鮮食品を扱うものや冷凍食品を扱う宅配ボックスが増加することは間違いないですから、これから良質な物件への引っ越しを検討されている方で、便利な生活を送りたいよ〜って方は、宅配ボックスは必須のチェック項目です。

それでは以上です。また〜〜♪






お役に立てたらシェアしてね!!