地震力ってどうやって求めるの?(建築基準法)

こんにちは!!山好き建築士です。

今回は、一級建築士学科試験の構造から、地震力の算定についてです。
では、早速、施行令を説明します。

一般の方でも地震力ってこうやって求めるんだって分かると、いいかとがあるやもしれませんので一読ください・・・笑 ちなみに、建物規模や地盤が同じでも、地域によって地震力は変わるのです。

施行令88条(地震力Qi)

地上部分の地震力Qi=ΣWi(各階の固定荷重及び積載荷重の合計+多雪区域の場合は積雪荷重)*Ciで求めることになります。

ΣWi(固定+積載+積雪荷重)※積雪は多雪区域の場合

固定荷重:建築物の実況に応じて計算するが、令第84条の表に掲げる建築物の部分(屋根、木造のもや、天井、床、壁)については、表の単位面積荷重(N/㎡)*面積で算定
積載荷重:建築物の実況に応じて計算するが、令第85条の表に掲げる室については、同表の値を用いてOK
積雪荷重:垂直積雪量(㎝)*20N/㎡*屋根の水平投影面積 令第86条

Ci(地震層せん断力係数)

Ci=Z*Rt*Ai*Co
Z:1.0〜0.7までの数値(昭和55年建設省告示第1793号)

最低値である0.7は沖縄県0.8は北海道の一部、山口県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県の一部、大分県の一部、鹿児島県の一部、0.9又は1.0はその他の地域で定められている。
※地域図は、著作権の関係で掲載できません。すみません。今後、自作する時間があればUPします。

Rt:建築物の振動特性(過去の記事を参照)
Ai:地震層せん断力分布係数(昭和55年建設省告示第1793号第3)
Co:標準せん断力係数(0.2又は0.3以上、必要保有水平耐力計算の場合は1.0

地下部分に作用する地震力

地下部分に作用する地震力Qi=K*(固定荷重+積載荷重)で求めることになります。

Kは、水平震度であり、K≧0.1*(1ーH/40)*Zで求めます。
なお、Hは、地面面からの深さになりますが、20mを超えるときは20mとなります。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。
もう少しわかり文書で書ければと思うのですが、なかなか上手くいきません( ・∇・)
今後とも努力しますのでよろしくお願いします。