非常用照明の設置が必要な建築物は?

今回は「非常用の照明装置」についての解説です!!
どういった建築物に設置しなければならないのかは建築基準法施行令に規定されています。

こんにちは。山好き建築士です。

今回は、非常用照明の設置基準について解説を行います。
簡単な解説とはなりますが、しばしお付き合いください。




はじめに

非常用照明の規定は、令第126条の4に規定されています。

非常用照明は、火災時において停電した場合などにおいて、避難する際の灯となるのもので、命を守るための重要な設備です。

ですので、はじめにお伝えしたいのは、普段から維持管理はしっかりやりましょう!!

特に、バッテリー切れとなると、停電時に照明はつきませんので・注意が必要です。

で、肝心の設置箇所ですが、以下のとおりとなります。

非常用照明の設置が必要な居室

非常用照明の設置が必要となる居室

①法別表第1(い)欄(1)項から(4)項までに掲げる用途に供する特殊建築物の居室

(1項から4項は、劇場、映画館、ホテル、学校、店舗・飲食等)
②3階以上、延べ面積が500㎡を超える建築物の居室

③採光上の無窓の居室(令第116条の2第1項第一号に該当しない居室)

④延べ面積が1,000㎡を超える建築物の居室


⑤上記①〜④
の居室から、地上に通ずる廊下、階段、その他の通路(採光・外気が確保された通路を除く)

書いてあるとおり、すべて”居室”と、居室からの避難経路の部分に設置要求があります。

適用除外(適用除外は、建築物又は建築物の部分)

一号:一戸建ての住宅、長屋、共同住宅の住戸
二号:病院の病室、下宿の宿泊室、寄宿舎の寝室等
三号:学校等
四号:避難階又は避難階の直上階若しくは直下階の居室で避難上支障がないもの(平成12年建設省告示第1411号に適合

 

適用除外となるのは居室等の部分です。

ここで注意が必要なのは、原則として、居室から地上に通ずる避難経路の部分は適用除外にはならない”ということです。

適用除外(第四号)については、平成30年に改正されています

(従来の緩和基準)

採光(令第116条の2第1項第一号に適合する居室)OKで以下①又は②に適合している居室については、適用が緩和されます。

避難階:居室から屋外への出口に至る歩行距離が30m以下
避難階の直下・直上階:避難階への屋外の出口に至る距離又は屋外避難階段までの歩行距離20m以下

(新たに追加になった緩和基準:平成30年3月29日公布・施行)
※出典:国土交通省資料(非常用の照明装置の設置基準の合理化)
また、改正の経緯などは、国から技術的助言「非常用の照明装置の設置基準の見直しについて(国住指第4809号,平成30年3月29日)」)が発出されているので参考すると良いかもしれません。
次に非常用照明の構造についてです。

非常用照明の構造

構造基準は、令第126条の5に規定されています。
一号又は二号のいずれかに定める構造としなければならない。

一号

イ:直接照明で、床面において1lx以上の照度を確保
ロ:火災時において温度が上昇した場合に光度が低下しない(昭和45年建設省告示第1830号)
ハ:予備電源を設ける
二:昭和45年建設省告示第1830号に規定する構造方法

二号

国土交通大臣認定品

まとめ

今回は、ここまでとなります。
法律だけ読めば「非常用照明」については理解できると思います。
ただし、告示緩和については、ちょっと読みづらいかもしれません。

その際は、他の参考書などを参考にすると良いと思います。


今回は、非常用照明だったため、短めの記事となりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました٩( ‘ω’ )و