都市計画区域外は接道義務が適用されない。

今回は、接道義務に関しての記事です。

こんにちは。やまけんです。

建築基準法では、接道義務の規定がありますが、そもそも何条に規定されていて、どのような内容になっているのか確認してみました。

当ブログでは、これまでにも建築基準法上の道路の扱いなどでは触れてきましたが、タイトルにあるような内容については記事にしていませんでしたので、ここで詳しく解説します!!

まずは、法文から確認しましょう!!

接道義務が規定されている法文について

接道規定は、建築基準法第43条に規定されています。

まずは、軽〜く読んでみてください。

(敷地等と道路との関係)
第43条 建築物の敷地は、道路(次に掲げるものを除く。第44条第1項を除き、以下同じ。)に2m以上接しなければならない。
一 自動車のみの交通の用に供する道路
二 地区計画の区域(地区整備計画が定められている区域のうち都市計画法第12条の11の規定により建築物その他の工作物の敷地として併せて利用すべき区域として定められている区域に限る。)内の道路
2 前項の規定は、次の各号のいずれかに該当する建築物については、適用しない。
一 その敷地が幅員4m以上の道(道路に該当するものを除き、避難及び通行の安全上必要な国土交通省令で定める基準に適合するものに限る。)に2m以上接する建築物のうち、利用者が少数であるものとしてその用途及び規模に関し国土交通省令で定める基準に適合するもので、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めるもの
二 その敷地の周囲に広い空地を有する建築物その他の国土交通省令で定める基準に適合する建築物で、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可したもの
3 地方公共団体は、次の各号のいずれかに該当する建築物について、その用途、規模又は位置の特殊性により、第一項の規定によつては避難又は通行の安全の目的を十分に達成することが困難であると認めるときは、条例で、その敷地が接しなければならない道路の幅員、その敷地が道路に接する部分の長さその他その敷地又は建築物と道路との関係に関して必要な制限を付加することができる。
一 特殊建築物
二 階数が3以上である建築物
三 政令で定める窓その他の開口部を有しない居室を有する建築物
四 延べ面積(同一敷地内に2以上の建築物がある場合にあつては、その延べ面積の合計。次号、第四節、第七節及び別表第三において同じ。)が1,000㎡を超える建築物
五 その敷地が袋路状道路(その一端のみが他の道路に接続したものをいう。)にのみ接する建築物で、延べ面積が150㎡を超えるもの(一戸建ての住宅を除く。)
この法文の中で、第1項が接道義務のそもそもの規定となっております。
第43条 建築物の敷地は、道路(次に掲げるものを除く。第44条第1項を除き、以下同じ。)に2m以上接しなければならない。
建築物の敷地は、道路に2m以上接しなければならない。 ←これです!!

「道路」っていうのは、ただの道じゃなくて、建築基準法上の道路ですので、ご注意を!!

建築基準法上の道路について知りたい方はこちらをご覧ください。
▶︎建築基準法第42条の道路のまとめ(建築基準法上の道路とは)(ブログ内リンク)

なぜ接道義務かというと、「しなければならない」と記載されているからです。

これは、一部の例外を除き絶対です!
ですので、「接道義務」といいます! 分かりましたよね(^^)

接道義務が適用されない規定はどこ?

この法第43条が規定されている接道義務ですが、建築基準法では、第3章の中に規定されています!!

それで、この”第3章”ですが、適用される区域が決まっています。

建築基準法第41条の2に規定されているんですね。

(適用区域)
第41条の2
この章(第8節を除く。)の規定は、都市計画区域及び準都市計画区域内に限り、適用する。
※この章とは、第3章のこと。
つまり、都市計画区域外は、接道義務は無いということ!!
ただし、一点だけ注意点があります。

第8節です。第8節である建築基準法第68条の9は、自治体が条例で法第43条(法律により厳しい制限では無いことが必要)に関して定めることができるとされています。

ですので、場合によっては、条例で接道を規定することができるということ。

私自身、この規定で接道義務を課している自治体は聞いたことが無いので、まずは無いと思いますが、念のため、自治体の条例はチェックした方がいいです。

接道義務が無い地域でも注意した方が良いこと

接道義務が必要な理由としては、火災発生時において円滑な消火活動を行うためと覚えておけば良いです。想像してみてください。こんな敷地があったらどう思います?

間口がった1mしかないのに、道路から住宅までの距離が30mもあったら、消火活動に大きな支障が出るのは当たり前ですよね。

ですので、法律では、原則として2m以上の接道義務があるのです。

ですが、都市計画外だと、接道義務がありません。

しかしながら、都市計画区域外でも、一定の住宅が密集しているところは、市街地とあまり大差が無いところもありますので、建物の配置計画には留意しておいた方がいいですよ〜

建物の直近まで消防車や救急車が入れる形が最適ですね・・・!

まとめ

今回は、接道義務に関して記事にしました!!
接道義務が適用されない都市計画区域外でも、建物の配置計画には留意するようにしましょう!!

最後までお読み頂きありがとうございました٩( ‘ω’ )و