建築基準法第42条の道路の種類[建築基準法上の道路とは何か?]

今回は、単純なのに理解に苦しむ建築基準法上の道路についての解説です。
解説といっても、今回は紹介程度の内容なので、建築基準法第42条の各項の道路とは”なんなのか”という概念的な部分でも良いので分かってもらえればという思いで記事にしています

こんにちは、やまけんです!!




はじめに

建築設計でも不動産調査でも、建築基準法において実務上はじめに使用するのは、建築基準法第42条第1項一号及び二号、または同条2項ぐらいですかね。

基本的な建築基準法上の道路を理解することは設計や不動産売買を円滑に進める上でとても大切です。
とはいえ、建築基準法上の道路の上っ面だけを知っても、他の道路が出現した時にとっさに理解できない事態に陥る可能性があり、顧客からの信頼を失いかねない行為となる可能性もあります。

ですので、今回の記事は、建築基準法第42条第1項や第2項以外の道路について紹介しています。

知っておいて損することはありません!というか得しかありませんので、是非、ご一読ください。

ということで、簡単な解説を踏まえて説明します!

建築基準法上の道路のまとめ表

はじめに、建築基準法上の道路の一覧です。
単に道路と言ってもこれだけの種類があることを知っておきましょう。

その上で、項と号を理解します。
業界的には『○項道路』や『○項○号道路』と言ったりします。

法令種別 業界における呼び方 指定される現状の幅員等 該当する道路 注意事項
1項一号 一号道路 4m(6m)以上 道路法による道路 法第43条で自動車専用道路は接道とはみなせない
 

1項二号

二号道路 4m(6m)以上 ・開発行為による道路
・土地区画整理事業による道路等
1項三号 三号道路 4m(6m)以上 法施行時(都市計画区域となった時)すでにあった道路 一般交通に供されていること
1項四号 四号道路 4m(6m)以上 都市計画や土地区画整理事業により2年以内に事業が行われる道路 特定行政庁指定
1項五号 道路位置指定 4m(6m)以上 私道
▶️関連記事
道路位置指定(位置指定道路)の基準とは?(設計時の留意点)
築造基準あり
特定行政庁指定
2項 2項道路
みなし道路
4m(6m)未満 ▶️関連記事
いわゆる2項道路(建築基準法第42条第2項道路)とは?(セットバックの方法)
1.8m未満の道を特定行政庁が指定する場合には、6項の規定により建築審査会の同意が必要
3項 3項道路 2.7m〜4m(6m) 土地の状況により止むを得ない場合 特定行政庁指定、建築審査会の同意が必要
4項 4項道路 6m未満
(一号、二号道路は4m以上)
1項道路とみなす道路
(一〜三号の基準あり)
特定行政庁指定
5項 5項道路 4m未満 6m区域指定時に存在していた道(4項三号)は、指定時の道路境界線と見なされていた線を境界線とみなす 特定行政庁指定

注)上表でカッコ書きは特定行政庁が幅員6mを指定する場合

1項第1号道路

:都道府県道、市町村道で4m以上あれば自動的に建築基準法上の道路となります。

1項第2号道路

:都市計画法に基づく開発行為や土地区画整理事業により整備された道路で、市町村道等に帰属されていない道路は、この2号道路になります。
よくある事例としては、過去に造成された住宅団地だけど、行き止まりになっているなど、通り抜けできない道は、この2号道路になっている場合もありますね。

ちなみですが、2号道路は、誰にも管理されていない道路となっている可能性もある道路です。
どういうことかというと、市町村への帰属を受けずに開発業者が持ったまま管理され、開発業者が倒産し、その後、管理者がいなくなり放置される。

1項第3号道路

:建築基準法施行時(都市計画区域となった時点)以前から現在に至るまで使用されている4m以上の道で、建築物の出入りのために一般交通に供されていたものは道路になります。(特定行政庁の指定は不要)

1項第4号道路

:都市計画法等により事業計画のある道路で、2年以内に事業執行される予定のものとして、特定行政庁が指定する道路が道路となります。
ここで重要なポイントとしては、都市計画道路というだけではダメで、特定行政庁の指定が必須になります。

1項第5号道路

:道路位置指定だったり位置指定道路といわれるやつですね。一般的には、都市計画法による開発行為(500㎡または1,000㎡以上の宅地造成:市町村によって該当する規模が違う)によらないで、宅地造成等を行う場合などに見られます。
道路の築造基準が政令で定められています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
▶️道路位置指定(位置指定道路)の基準とは?(設計時の留意点)

2項道路

:みなし道路といわれるやつですね。詳しくは過去の記事を参考にしてください。
この道路に指定されていれば、原則として道路中心線から2mのセットバックが必要になります。なお、崖や河川がある場合は一方後退。

3項道路

:道路後退後の幅員が2.7m以上4m未満でも良いとする道路ですが、あまりお目にかかることはありません。漁村や城下町等でみられるようです。

4・5項道路

:6m区域道路の緩和規定です。あまり見ないですね・・・

6項道路

:6項道路という規定はありません。2項道路において1.8m未満の道、又は3項道路を指定する際に、特定行政庁は、事前に建築審査会の同意を得なければならないとする条項です。

本記事のまとめ

いかがでしたでしょうか。実務をやっていても実際に使用するのは、1項一号か二号、たまに2項道路くらいでしょうか・・・

しかしながら、建築士試験では、全て出題されますし、実務上知っておく必要がある知識です。
皆さまの参考になれば幸いです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。