ニュージーランド付近の地震と日本で発生する地震との関係性をリサーチ。

こんにちは!やまけん(@yama_architect)といいます^ ^
YamakenBlogは、建築や都市計画、不動産に関して業務に役立つ豆知識を発信しているほぼ趣味ブログです。

この記事では、関東・東北の太平洋沖で発生する地震とニュージーランド付近で発生する地震との関係性についてまとめている記事です。
*大きな地震が発生する度に随時更新しています。




バヌアツの法則?!

最近よくTwitter上で、ニュージーランド付近で起きる地震と日本の地震とが強く関係していて、ニュージーランド付近で規模の大きい地震が起きると日本でも規模の大きい地震が発生する!という内容のツイートが流れてきてました。

実際に2011年3月11日の東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の数週間前の2月22日には、ニュージーランドでM6.3の地震(カンタベリー地震)が発生して、日本人28人を含む185人が犠牲となっています。

また、直近では、令和3年2月10日に発生したニュージランドの北部(ロイヤリティー諸島南東方)でM7.7の地震が発生(現地では最大で64㎝の津波を観測)し、その3日後には、福島県沖でM7.3の地震が発生し、宮城県内の最大震度6強の揺れを観測しています。

とこんな感じに、相関・関連しているといった情報だったので、わたしも怖くなりちょっと調べてみました!!(Twitter界隈では、バヌアツの法則というらしいです。過去にも新聞等で記事になったようですが、わたしの場合は完全スルーしてましたww)

2019年〜2021年(記事作成日)の間に発生した大規模な地震を一覧にまとめました。
ニュージーランド付近(なお、参考に日本とニュージーランドのおよそ中間点にあり、太平洋プレートでつながっているパプアニューギニアも含めています)

NZ地震と日本(概ねM5以上)地震との関係2019~現在まで

*M:マグニチュード(地震そのものの大きさ(規模))

地震の規模年月日発生場所深さ(km)
M6.818年3月9日ニューギニア付近パプアニューギニア、ニューアイルランド30
M5.118年3月23日宮城県沖50
M6.918年3月30日6:25ニューギニア付近パプアニューギニア、ニューブリテン49
M5.118年3月30日8:17茨城県北部60
M7.118年8月29日南太平洋ローヤリティ諸島南東方25
M5.6
M6.7
18年9月5日
18年9月6日
茨城県沖
胆振地方中東部
60
40
M6.918年9月10日13:10ニュージーランド付近ケルマデック諸島南方116
M4.818年9月10日23:58千葉県南東沖30
M7.018年10月11日ニューギニア付近パプアニューギニア、ニューブリテン41
M5.318年10月12日千葉県北東部50
M7.518年12月5日南太平洋ローヤリティ諸島南東方21
M5.118年12月8日福島県沖40
M7.119年5月7日ニューギニア付近パプアニューギニア、ニューギニア東部133
M6.319年5月10日日向灘30
M7.619年5月14日ニューギニア付近パプアニューギニア、ニューブリテン35
M5.119年5月25日千葉県南部40
M7.319年6月16日ニュージーランド付近ケルマデック諸島40
M5.219年6月17日茨城県北部80
M7.420年6月18日ニュージーランド付近ケルマデック諸島南方32
M6.120年6月25日千葉県東方沖40
M7.721年2月10日南太平洋ローヤリティ諸島南東方10
M7.321年2月13日福島県沖60
M6.721年2月16日バヌアツ諸島15
M4.5
M4.7
21年2月17日
21年2月19日
福島県沖50
M7.3
M7.4
M8.1
21年3月4日
21年3月5日
21年3月5日
ニュージーランド北東部
南太平洋ケルマデック諸島
南太平洋ケルマデック諸島
10
10
10
M5.3
M6.9
21年3月17日
21年3月20日
福島県沖
宮城県沖
60
59
M6.621年4月1日ケルマデック諸島105
M6.8
M6.0
21年5月1日
21年5月12日
宮城県沖
福島県沖
51
40
M6.821年5月21日フィジー地方10
M5.3
M5.0
M5.6
21年5月29日
21年5月29日
21年5月29日
茨城県沖
茨城県沖
茨城県沖
20〜40
M6.721年6月20日ニュージーランド、ケルマデック諸島付近52
M6.0
M5.6
M5.8
21年8月4日
21年8月4日
21年8月4日
茨城県沖
茨城県沖
茨城県沖
40
30
30
*出典:気象庁、tenki.jpPTWC

結論・補足情報

相関してそうですね?と言われればそう見えますが、実際は上記の地震以外に太平洋プレート・フィリピン海プレートでは、ほぼ毎日のように小中規模の地震が発生しています。

上記の表はあくまでもニュージーランド付近で発生したM6以上を集計しただけです。

つまるところ、明確な相関性や関連性があるとは確実にはいえませんでした。

しかしながら、比較的規模の大きい地震がニュージランド付近で発生すると、その数日から数週間後に日本でも海溝型の規模の大きい地震が発生しているのは間違いない事実です。
(相関性があると明確にいえる根拠がないだけかも)

ということで以上です。

日本近海では、常に地震が発生していることが気象庁のホームページをご覧頂くと分かると思います。常日頃から、警戒した方が良いと考えられます。

なお、今後、国内のどこの地域で規模の大きい地震が発生するのかは、国の地震本部が作成している『全国地震動予測地図』が参考になりますので、参考リンクを貼って置きます。
>>https://www.jishin.go.jp/evaluation/seismic_hazard_map/shm_report/






お役に立てたらシェアしてね!!