都市づくり(都市計画)

建築基準法の解説

建築基準法に『災害が発生する危険性が高い地域(ハザードエリア)』の基準設定を提言

現在の建築基準法では、『災害が発生する危険性が高い地域「ハザードエリア」』内における、立地及び構造等の制限は、建築基準法第39条(災害危険区域)と建築基準法施行令第80条の3(土砂災害特別警戒区域内における居室を有する建…

コンパクトシティ

「郊外」の”まち”のあり方と台風19号等による浸水被害を踏まえた都市づくりとは

『ネットワーク型コンパクトシティ』の形成を進めていく『立地適正化計画』のうち、居住の誘導を図る『居住誘導区域』のあり方について、直近の国の動向や頻発する自然災害を踏まえ、将来の都市はどうするべきなのか。 こんにちは!建築…

不動産・賃貸住宅

小規模な「空きスペース(空き地・未利用地)」を有効活用し、都市が抱える課題を解決![あきっぱの活用]

・事務所に空き駐車場があるが使っていない。 ・住宅に駐車場1台分の空きスペースがあるが使っていない。 これらを悩みを解決し、都市が抱える課題を解決する記事です。 建築と都市計画に精通(多分…詳しくはプロフィールを)してい…

コンパクトシティ

将来、損をしたくないなら今できること”コンパクトシティ(Compact City)”に取り組もう

・コンパクトシティが重要なのは分かっているがどういった都市計画手法があるのか。 ・コンパクトシティが必要な理由はある程度分かるが実現化できるのか。 この記事は、まちづくりを担当、若しくは将来、まちづくりに携わりたいと考え…

都市づくり(都市計画)

中心市街地(地方)の土地を所有しているということは「社会的責任」を負っている。

中心市街地に土地を所有している方は、地域発展の一躍を担っている。 とりわけ、三大都市圏や指定都市を除く地方都市では、社会的責任が高まっている傾向にあると思われます。 その理由は、何故か。 今回の記事はこの事について書いて…