都市づくり(都市計画)

建築基準法の解説

建築基準法に『災害が発生する危険性が高い地域(ハザードエリア)』の基準設定を提言

現在の建築基準法では、『災害が発生する危険性が高い地域「ハザードエリア」』内における、立地及び構造等の制限は、建築基準法第39条(災害危険区域)と建築基準法施行令第80条の3(土砂災害特別警戒区域内における居室を有する建…

コンパクトシティ(立地適正化計画)

「郊外」の”まち”のあり方と台風19号等による浸水被害を踏まえた都市づくりとは

『ネットワーク型コンパクトシティ』の形成を進めていく『立地適正化計画』のうち、居住の誘導を図る『居住誘導区域』のあり方について、直近の国の動向や頻発する自然災害を踏まえ、将来の都市はどうするべきなのか。 こんにちは!建築…

不動産・賃貸住宅

小規模な「空きスペース(空き地・未利用地)」を有効活用し、都市が抱える課題を解決![あきっぱの活用]

・事務所に空き駐車場があるが使っていない。 ・住宅に駐車場1台分の空きスペースがあるが使っていない。 これらを悩みを解決し、都市が抱える課題を解決する記事です。 建築と都市計画に精通(多分…詳しくはプロフィールを)してい…