建築基準法第43条(敷地等と道路との関係)について

建築物を建築する際には、例外を除き「接道義務」があるのはご存知ですか? 接道が取れていない事で、再建築ができないことがあります。

 建築基準法第43条は「接道」義務の規定です。
建築基準法第44条第1項(道路内の建築制限)、又は特定行政庁の例外許可等を除き、敷地は道路(建築基準法第42条に規程)に2m以上接しなければならないと規定されています。

(道路とは)
※市町村道や県道、国道の全てが道路に該当するわけではなく、建築基準法上の道路である必要がありますが、基本的には、道路法上の道路(市町村道や県道、国道)で幅員が4m以上あれば、建築基準法上の道路になります。
※幅員が4m未満の場合には注意が必要ですが、詳しくはまたの機会にしたいと思います・・・

(制限の付加に注意)
※建築基準法第43条第3項において、建築物の規模や用途などで、接道長が変わるので注意が必要です。詳しくは都道府県や市町村の条例を確認してください。

(そもそも接道義務が適用される区域は?)
※接道義務の規定は、建築物の敷地が都市計画法に基づく、「都市計画区域」又は「準都市計画区域」内のみ適用されます。よって、これらの区域外は接道義務は適用されません。建築する敷地が都市計画区域又は準都市計画区域の内外かは、役所で確認できます。

(特定行政庁が行う例外許可とは?)
※省令に適合する建築物で建築審査会の同意を得たものが許可の対象となります。詳しくは、またの機会にしたいと思います・・・