建築基準法第43条を簡単に解説

建築物を建築する際には、一部の例外を除き「接道義務」といって、建築物の敷地は建築基準法上の道路に2m以上接しなければならない義務があるのはご存知ですか?

都市計画区域内の建築物の場合、この『接道』が取れていない事で、再建築ができないことがあります。

こんにちは!やまけんです。

建築や都市計画、不動産に関して業務に役立つ情報を発信しているブロガーです。

この記事では、建築の基本となる建築基準法第43条について簡単に解説しています。




建築基準法第43条とは?

建築基準法第43条とは、建築物の敷地は、建築基準法上の道路(原則として4m以上)に2m以上(建築物の用途、規模等によって4m以上)接しなければならないとする規定です。

例外的に建築する規定もありますが、既存不適格といって建築基準法制定以前(昭和25年より前)から建築物が存続しており、その建築物の建て替えなどにおいてのみとなっており、認定若しくは許可が必要となるため、どのようなものでも許可されるわけではありません。

【建築基準法第43条第1項(敷地等と道路との関係)】
建築物の敷地は、道路(次に掲げるものを除く。第44条第1項を除き、以下同じ。)に2m以上接しなければならない。
一 自動車のみの交通の用に供する道路
 地区計画の区域(地区整備計画が定められている区域のうち都市計画法第12条の11の規定により建築物その他の工作物の敷地として併せて利用すべき区域として定められている区域に限る。)内の道路

道路とは?

市町村道や県道、国道の全てが道路に該当するわけではなく、建築基準法上の道路である必要がありますが、基本的には、道路法上の道路(市町村道や県道、国道)で幅員が4m以上あれば、建築基準法上の道路になります。

幅員が4m未満の場合には、基本的に建築基準法第42条の道路に該当しませんが、例外的な規定として、従前から2軒以上の立ち並びがあって、利用形態もあるような道の場合ですと、みなし道路(建築基準法第42条第2項道路)といって、建て替えの際に道路中心から2mセットバックする道路に役所から指定される場合もあります。

その場合には再建築することが可能となります。詳しくはこちらの記事に書いてあります。

【建築基準法上の道路とは?】建築基準法第42条道路一覧

自治体による制限の付加に注意

建築基準法第43条第3項において、建築物の規模や用途などで、接道長が変わるので注意が必要です。詳しくは都道府県や市町村の条例を確認するようにしてください。

なお、一般的な住宅であれば接道長は2m以上確保できていればOKです。規模の大きな建築物や採光が確保できない居室を有する建築物などは、3・4m以上の接道長を確保することが求められるので注意してください。

そもそも接道義務が適用される区域は?

接道義務の規定は、建築物の敷地が都市計画法に基づく、「都市計画区域」又は「準都市計画区域」内のみ適用されます。

よって、これらの区域外は接道義務は適用されません。建築する敷地が都市計画区域又は準都市計画区域の内外かは、役所で確認できます。

なお、こちらの記事で都市計画区域外については、接道が適用されないことの解説を行なっていますので、詳しく知りたい方はご覧ください。

都市計画区域外は、接道義務が適用されない理由を解説。

補足:特定行政庁が行う例外許可とは?

例外許可については、認定と許可の2種類方法があります。詳しくは建築基準法第43条第2項に規定されており、1号が認定、2号が許可となっています。

一号については、農道や港湾道路などの道路法上の道路ではないケースに接する場合で、小規模な建築物が該当してきます。二号については、特定行政庁(役所)が個々の状況に応じて審査していくもので許可行為となります。

詳しくはこちらの記事でも解説しているので、詳しく知りたい方はご覧下さい。

無接道敷地での建築方法(法第43条第2項認定と許可の解説)

【建築基準法第43条第2項】
前項の規定は、次の各号のいずれかに該当する建築物については、適用しない。
 その敷地が幅員4m以上の道(道路に該当するものを除き、避難及び通行の安全上必要な国土交通省令で定める基準に適合するものに限る。)に2m以上接する建築物のうち、利用者が少数であるものとしてその用途及び規模に関し国土交通省令で定める基準に適合するもので、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めるもの
 その敷地の周囲に広い空地を有する建築物その他の国土交通省令で定める基準に適合する建築物で、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可したもの

それでは以上となります。

簡単に建築基準法第43条第1項規定の接道義務について説明してきました。建築物の建築にあたって、最もはじめに調査するのがこの43条規定ですので、とても重要ですから暗記できるくらいに覚えておけば、営業先や得意先、相談に来られた方に対して的確なアドバイスができるようになると思います。もし不動産ビギナーの方が読まれているとすれば、確実にマスターしましょ。