【記事まとめ】第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、田園住居地域の制限まとめ

この記事では、13種類ある用途地域のうち、第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、田園住居に関する建築基準法・都市計画法のYamakenBlog記事まとめです。

こんにちは! YamakenBloigです。

YamakenBlogでは、建築や都市計画、不動産取引に関して業務に役立つ豆知識を発信しています♪

建築基準法や都市計画法といった都市づくりに欠かせない法律は、複雑かつ難解なので理解に苦しみますよね。そのような方のために、法律を上手に活用してビジネスや生活に活用してもらいたいと思いつくったブログです。

良かったらブックマーク登録して毎日、遊びに来てくれるとブログ運営の励みになります♪

低層住居専用地域の記事まとめ

▶︎▶︎▶︎田園住居地域の用途制限まとめ記事です。なお、国土交通省が公表している「都市計画現況調査」によると令和3年3月末時点で指定地域数は”なし”です

▶︎▶︎▶︎外壁後退と壁面線、壁面の位置の制限はそれぞれ違うよ〜という記事です。超マニアックな記事です。

▶︎▶︎▶︎第一種低層住居専用地域と第二種低層住居専用地域で建築することができる建築物のまとめです。

▶︎▶︎▶︎低層住居専用地域内における外壁後退線に関する記事です。外壁後退線が指定される理由とい緩和規定を書いています。

▶︎▶︎▶︎低層住居専用地域内における敷地面積の最低限度が指定される理由と、「敷地面積の最低限度」の既存不適格建築物(現行では適合していないものの、敷地面積の最低限度が指定される前は適合していた)の再建築に関する記事です。

▶︎▶︎▶︎注文住宅のための土地探しをしている方向けに、「第一種低層住居専用地域と第二種低層住居専用地域ってあるけど、何が違うの?」「この地域では、住宅以外にもどのような建築物が立地してしまう可能性があるの?」といった視点で書いている雑記です。

▶︎▶︎▶︎低層住居専用地域(絶対高さ制限、外壁後退、敷地面積の最低限度)とその他用途地域がまたがる場合の制限について解説しています。

▶︎▶︎▶︎低層住居専用地域における高さの限度(絶対高さ制限)に関して解説している記事です。

▶︎▶︎▶︎第一種低層住居専用地域における事務所や店舗の建築に関して解説している記事です。

▶︎▶︎▶︎敷地面積の最低限度・外壁後退線に違反してしまった場合の対処方法について解説しています。*相当レアなケースですので悪しからず。