「建築基準法」とは

そもそもの「建築基準法」とは?

ということで、こんにちは!当ブログへようこそ!!

山好き建築士こと ”やまけん” です!

はじめに

このブログに来訪されたということは、建築基準法や都市計画法のことで調べたいことがあったからだと思います。

当ブログでは、建築基準法や都市計画法において重要となるポイントについて、全ての法文ではありませんが、紹介・解説を行っています。

少しだけかもしれませんが、今日、ここにお越しいただいた貴方のお悩みの手助けになれば幸いです。
また、このブログは、日々できる限り更新を行っており、最新の情報をお伝えできるよう努めています。
良かったら毎日、来訪ください!

なお、建築基準法以外にも、建築士試験や宅建士試験、登山や観光、建築について書いておりますので、時間がありましたら、ぜひご覧ください^ ^

 

この記事では、「建築基準法とは?」について簡単ではありますが、解説を行っておます。

建築基準法とは

「建築基準法(昭和25年法律第201号)」とは、日本国内全てに適用される建築物の敷地や構造等について技術的な基準を定めているものです。

国内の建築物は、必ずこの法律に遵守して建築しなければなりません。

[第1条目的]
この法律は、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めて、国民の生命、健康及び財産の保護を図り、もつて公共の福祉の増進に資することを目的とする

それから、法の目的として、”国民の生命、健康及び財産の保護”とあるように、この基準により生命・健康・財産の保護を図ろうするものです。

(法の構成等)

建築基準の法等の構成としては、この建築基準法施行令施行規則告示技術的助言があります。また、建築基準関係規定として消防法や都市計画法等の他法令で定めるものがあります。さらに、地方自治体では条例により制限の付加等を行なっています。

(あくまでも最低の基準)

建築基準法は、法律の目的にあるように建築基準法は最低の基準を定めているに過ぎないので、法に定める基準以上に防火や地震対策を行うことは問題はないです。
むしろ、可能な範囲で技術的な基準以上に質の向上を図った方が安全性が確保されます。

(都市計画法との関係性)

建築基準法は都市計画法と密接に関係しています。
このことは、単に建築基準関係規定に規定されている都市計画法第53条許可だけではありません。
例えば、都市計画法では、都市をコントロールするため用途地域等の制限等をかけますが、制限する地域地区等を指定しても、具体的な制限等については基本的に建築基準法に委ねられており、都市づくりにおいては、この両法が上手く連携する必要がある。

建築基準法第3章の規定は都市計画区域及び準都市計画区域のみに適用されるものであり、都市計画法との強い関係性が分かります。

まとめ

建築基準法とは、ざっとこの様な感じです。
繰り返しですが、この法律で重要な部分としては、法律はあくまでも最低の基準であるということです。

今回は短い記事となりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました٩( ‘ω’ )و